ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

OPはエヴァの”DECISIVE BATTLE” 自衛隊音楽まつり「愛、希望、勇気。今を越えて、その先へ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニコ生視聴者は∠(`・ω・´)などの顔文字コメントで敬礼

 未曾有の災害を乗り越え、復興に従事している自衛隊のもう一つの顔。2011年11月18・19日の両日、自衛隊の音楽関連チームのフェスティバルである「平成23年度自衛隊音楽まつり」が、日本武道館にて計4回公演が行われ、19日夜の最終公演がニコニコ生放送などインターネットでも生中継された。全国各地の音楽隊や自衛太鼓などが年に一度集い、華麗なパフォーマンスで観客を魅了するこのイベントには、毎年多数の観覧希望が寄せられており、平成22年度は約10倍の倍率だったとのこと(自衛隊公式サイトより)。ネット中継により、多くの人々が観覧することが可能となった。

 このまつりは、陸・海・空各自衛隊内に設置されている音楽隊や米軍音楽隊らによるマーチングバンド演技、並びに、全国各地の隊内でのクラブとして活動している自衛太鼓による演舞を中心に、歌あり踊りありの約2時間ノンストップのパフォーマンス。今年のテーマは「愛、希望、勇気。今を越えて、その先へ」。3月に起こった東日本大震災からの復旧・復興に尽力する自衛隊員の横顔を時折覗かせながらのショー構成となった。

第1章のOP、エヴァのDECISIVE BATTLEにニコ生視聴者は大興奮

 「愛」「希望」「勇気」の3部構成となった今回、第1章「愛」のオープニングは、新世紀エヴァンゲリオンから「DECISIVE BATTLE」という、ニコニコユーザーの心をわしづかみにする曲からスタート。また震災時に”トモダチ作戦”として手を差し伸べてくれた米軍から、在沖縄米海兵隊音楽隊・在日米陸軍軍楽隊による演奏も披露された。

 第2章「希望」では、防衛大学校儀仗(ぎじょう)隊によるファンシードリル、陸海空各音楽隊による単独演技、全国12チームからなる自衛太鼓、”さくら”をモチーフとした歌とマーチングのコラボレーションと続いた。特に自衛太鼓は和太鼓で構成されたチームで、各チームが次々と入れ替わった演奏する姿や総勢200名余りでの演奏ぶりは圧巻。わずかな時間で次々と設営を変えていく様は、視聴者からも驚きのコメントが相次いだ。

 各音楽隊は通常、式典演奏や吹奏楽としての演奏活動が中心であるが、このまつりでは「ドリル演奏」と呼ばれる動きながらの演奏がほとんどであり、目でも楽しめる音楽となっている。また、次々と入れ替わる指揮者・ドラムメジャーが紹介される毎の敬礼シーンでは、敬礼を表す∠(`・ω・´)などの顔文字コメントが集中した。

 第3章「勇気」では、震災被災地派遣の自衛隊員のインタビュー映像から始まり、未来へ繋がる勇気をテーマとし、全出演者による「七彩の奥羽国(なないろのおうこく)」「威風堂々」で幕を閉じた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]”DECISIVE BATTLE”から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv71029290?po=news&ref=rews#55:15
・[ニコニコ生放送]自衛太鼓から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv71029290?po=news&ref=rews#1:50:10

(藤平昌寿)

【関連記事】
実弾射撃の迫力が伝わる 自衛隊「総合火力演習」
「ヨウ素はなかなか落ちなかった」自衛隊特殊武器防護隊長が語る
福島第1原発で何を見たのか? 自衛隊「特殊武器防護隊長」インタビューを実施
海自の練習艦かしまの艦長「オペレーション・トモダチ」を語る
w-inds.が武道館で10周年ライブ ニコ動でも「祝うよ!」のコメント

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。