体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【実は必読のビジネス書?】『学問のすゝめ』から学ぶ5つのビジネススキル

f:id:arkcomm:20161012190853j:plain

明治初期の名著『学問のすゝめ』は、国と人が独立して豊かになるには、よく学問をするべきだと説いた、17編の論説文です。

福沢諭吉がいう学問とは、物理化学、経済、外国語、会計、地理といった、実用的な近代の学問のこと。

読み進めると、現代においても変わらず役に立つ実用的な助言や、仕事に使える考え方に出会えます。

福澤はなぜ「学問」を「すゝめ」たのか?

f:id:arkcomm:20160930065609j:plain

元幕臣の思想家、教育家、大学経営者である福沢諭吉の生年は1835(天保5)年、まだ幕末が始まる前で、坂本龍馬が生まれる1年前です。没年は1901(明治34)年、これは日清戦争に勝った6年後にあたり、着々と日本が一等国に向かって力を付けていると誰もが実感できた頃にあたります。

福沢諭吉は漢学・儒学を重んじた封建・専制の旧時代を廃し、洋学に基づいて近代化を進め、新時代を切り開こうとした人ですから、自身が夢見た未来を、生きているうちに見ることが叶う、幸せな生涯を送ったといえます。

しかしながら生まれた時から恵まれた環境にいたわけではなく、むしろその逆。早過ぎる父の死、下級藩士という低い身分、漢学と儒学に基づく閉塞的な封建・専制のしくみ。それら全てにあらがおうと、故郷を捨てる覚悟で洋学を学び続け、立身出世を成し遂げました。学問をすすめたのはこうした実体験も大きかったのでしょう。

【その1】意図しない炎上はきちんと弁明する

f:id:arkcomm:20160930065846j:plain

厳しい状況に甘んじることなく、快活な批判精神を持ち、どこまでも前向きに学問に励んだ福沢諭吉の明るさは、文章から伝わってきます。込み入った内容はユニークな比喩を用いてわかりやすく、読者に発破を掛けたい時は、遠慮をせずに挑発的な言葉を使うのです。ただあまりに挑発が過ぎて、「遠近より脅迫状の到来」するほどの炎上事件を起こしたことがあります。

福沢諭吉は全17編の『学問のすゝめ』を、約4年半かけて発表しており、6編と7編では、法治国家と法令遵守の重要性を説きました。そのなかで、「赤穂47士の敵討ちは私刑でけしからん」「主人の金を落とした権助が自死して責任をとった話などは、美談に似ているが世に益することはない」と過激なたとえ話をしたために、忠臣義士が好物の多数の読者から大きな反感を買いました。

新聞までが騒ぎ出す炎上事件に発展し、さすがの福沢諭吉も五九楼仙万というペンネームで新聞に「双方の情意相通ぜざるがために不平を感ずるのみ。いやしくもその真面目を明らかにして相互に会心するときは、人間世界に憎むべきものもなく怒るべきものもなきの事実を知るに足るべし」と誠意ある弁明の投書をしています。それが功を奏したのか、さらなる延焼はなかったようです。

現代は福沢諭吉が生きた時代と比べると、情報発信が格段に手軽となった時代。もしも意図しない炎上の当事者になってしまったら、放置をせずにしっかりと真意を説明すべきなのでしょう。

【その2】部下とは適切な距離を保つ。部下は他人であって家族ではない

f:id:arkcomm:20160930070106j:plain

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。