体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぎょろり…ハロウィンに最適な瓶詰め目玉ゼリーつくってみたよ

ぎょろり…ハロウィンに最適な瓶詰め目玉ゼリーつくってみたよ

 10月31日は「Trick or Treat!」みんな大好きハロウィンです!仮装をして街を練り歩くもよし、好きな彼にお菓子をねだってみるのもよし。けれど周りの人に決して迷惑はかけないようにしてくださいね。

 というわけで、今回はおうちでもハロウィンを存分に楽しむために、ぎょろりと見つめられたら困っちゃうような目玉ゼリーをつくってみました。

【関連:ハロウィンにピッタリ!ポテトと生ハムで作る『人体錬成サラダ』】

目玉ゼリー

■材料

粉寒天:4g(1袋)
アガー:6g
カルピス:300ml

食紅:青と赤

ストロー
絞り口金
丸型製氷皿

空き瓶
好みのジュース

目玉ゼリーの材料

■つくり方

1:鍋に水1カップを入れ沸騰させたらアガーを入れてよく溶かします。

2:1を半分ずつに分け、片方には青い色素を混ぜて、もう片方には青と赤を混ぜて濃い紫色のゼリーをつくります。それぞれ平らな容器に入れて冷蔵庫でしっかりと冷やします。ゼリーを冷やす容器の大きさは注意してください。ゼリーは黒目パーツに使うため、そこそこの薄さが必要となります。

平らな容器で冷やす

3:2が固まったら取り出して、青い方は絞り口金の逆側など適度な大きさの丸いもので丸くくり抜き、紫のほうはストローで丸くくり抜いていきます。これが黒目の部分になります。

4:青いゼリー→紫のゼリーの順に丸い製氷皿の底に貼り付けるように入れていきます。青いゼリーを入れたとき、底に溜まった空気を軽く押して抜いてあげましょう。

青いゼリーを最初に入れる
紫のゼリーを入れる

5:鍋に水1カップを入れ沸騰させたら粉寒天を入れてよく溶かします。溶けたらカルピスを入れます。

6:5を4の製氷皿に少しだけ(青いゼリーが浸る程度)入れたら冷蔵庫で30分だけ冷やします。こうすることにより、黒目のパーツが浮いてきてしまうのを防ぎます。

5を4の製氷皿に少しだけ(青いゼリーが浸る程度)入れる

7:残りの5の液を製氷皿に入れて蓋をし、上蓋の穴から液体を溢れ出させます。こうすることで丸い形をつくることができます。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。