ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月額1000円でカクテルが毎日1杯飲める!ロサンゼル発の「Hooch」が急成長中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夜の飲み歩き、中でもカクテルが好きという人にとってはたまらないサービスが米国で展開されている。

月額1000円でカクテルが毎日1杯飲める「Hooch」。おトク感から人気急上昇中で、利用可能エリアも順調に拡大している。

・30杯が1000円で!

Hoochは、アプリ(iOS、Android)をダウンロードして月額利用料9.99ドル(約1000円)を払うと、カクテル1杯を毎日、追加料金なしに参加店ならどこでも飲めるというもの。

つまり、約30杯分が1000円ぽっきりと、消費者にとってかなり“おいしい”サービスなのだ。

・米国と香港の400店が参加

カクテル好きなら利用しない手はないHoochは、ロサンゼルスで始まり半年が過ぎたところ。すでに利用者は7万人を超える。

利用可能な都市もニューヨークやマイアミ、ダラス、オースティンなど米国の9都市と香港に広がり、400店が参加しているとのこと。

もちろん、サービスが成り立っているのは、お店にとってもメリットがあるからだ。新規顧客開拓につながるだけでなく、客は最初の1杯の後、平均30〜40ドル(約3100~4200円)分の注文をしていて、収入増にもつながっている。

・モバイル支払い導入も

まさにwin-winサービスのHooch、このほど150万ドル(約1億6000万円)もの資金を調達し、サービスの拡充を目指す。具体的には2杯目以降の代金をスマホで支払えるモバイルペイメントの導入を検討しているようだ。

もちろん利用エリアの拡大も進めていて、来年末までに世界35都市での展開を目指す考え。カクテル好きからは、日本上陸を希望する声が聞こえてきそうだ。

Hooch

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP