ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あのウワサの車の全貌が明らかになった、2016パリショー【日本車ver.】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲パリモーターショーは、欧州ではフランクフルトと並ぶ重要な自動車ショー。日本車も伝説のタイプRや、ウワサのC-HRなど見どころがたくさん

ホンダは、伝統のあのモデル、トヨタは例のSUVをいよいよ発表

1898年に創設され、世界で一番長い歴史を誇るパリモーターショー。今回は、マツダが不参加という衝撃的な事実に驚かされた。しかしながら、マツダ以外の日本メーカーは積極的であり、ニューモデル、コンセプトモデルが目白押しで華やかな印象だった。

▲最初にコンセプトが発表されたのは、前回2014年のパリショー。あれから2年、いよいよ市販版が発表されたトヨタのコンパクトSUV、C-HR。さすがに新鮮味は薄いが、これが公道を走るのかと思うとドキドキさせられる、デザインコンシャスなSUVに仕上がっていました

▲レクサスは、コンパクトクロスオーバーSUVのスタディモデル、「UXコンセプト」をワールドプレミア。運転席のインストルメントパネルに、球体ホログラムが浮かび上がり、各種情報を表示、電子ミラーや調光ガラスなど、未来感あふれる装備が満載されていた。市販化が楽しみなコンセプトモデル

▲トヨタは、2017年のWRC参戦モデル、ヤリスWRCも公開。同社のWRC復帰は18年ぶりのこと。また、テクノロジーパートナーとして、あのマイクロソフトが参画することが発表された。小さいながらも迫力のあるマシンに仕上がっていた。来シーズンのWRCにおける台風の目となるかもしれない

▲伝統の赤いHマーク、マット塗装も渋いシビックタイプRがパリショーに登場。10代目となるシビックシリーズの旗艦モデルとなる。大開口のフロントバンパーや、ボンネットのエアベント、20インチホイールからチラリと見える赤いブレーキキャリパーなど、峠心をくすぐる装備が満載だった

▲こちらは、ノーマルシビックハッチバックのリアビュー。センター2本出しのエグゾースト(ちなみにタイプRはセンター3本出し)やディフューザーなど、ノーマルモデルも結構攻めたデザインが与えられている。写真で見るよりも本物はもっとスポーティ。次期シビックは日本にも登場してほしい

▲日産は新型マイクラ(日本名マーチ)を初お披露目。従来モデルに比べて174mm伸びた全長(3999mm)や、抑揚のあるグリーンハウスなど、インパクトのあるエクステリアデザインに変更された。エンジンは、0.9Lのダウンサイジングターボを採用。最新の安全装備も採用される

▲日産の高級ブランド、インフィニティは、2016年4月の北京ショーで公開された「QXスポーツインスピレーション」をさらにブラッシュアップさせてパリに持ち込んだ。マットグレイに塗装されたボディとブロンズの22インチホイールは、なんともきらびやか。市販化も視野に入れたコンセプトだ

▲スズキは、日本でも人気が高いコンパクトSUV、SX4 Sクロスのフェイスリフト版をパリで発表。縦メッキのフロントグリルやLEDヘッドライトなど、こってりソース顔(死語)に変身した。室内もインフォテイメントシステムの変更や、各部の質感アップなど細部にまで手が入れられている

▲三菱は、次世代のSUVを提示するスタディ、「GT-PHEVコンセプト」をワールドプレミア。フロント1、リア2の3モーターによるフルタイム4WDで、車両運動統合制御システム、S-AWCにより、高い操縦安定性も実現。EVモード120km、総航続距離1200kmというロングドライブにも対応するtext/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

今回使用した車をカーセンサーで調べる
「【電気自動車作ってみた】「EV化」ってそもそも何?」はこちら
「【電気自動車作ってみた】EV化はどのくらいの予算が必要?」はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP