体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタディサプリ一流講師が提案!残り時間をムダにしないセンター試験対策法!【岡本梨奈先生:古文漢文編】

夏を乗り越えてセンター試験まで、もうひと頑張り!…のはずなのに…何をやっていいか分からない…、センターで8割以上取りたいのに、結果がでなくて少し不安な声も…?10月以降は、もうひと伸びする大事な時期。センター試験対策も短い時間でギュッと、効率良く自分の力にしたいところ。そこで、放課後版編集部はスタディサプリの一流講師陣に「8割以上を目指す」センター試験対策を教えてもらいました!第3回目は古文漢文の岡本先生です!

時間が足りないセンター国語。古文漢文は、戦略的に時間と点数を稼げ!

(要するに) 古文漢文は得点に結びつきやすい。対策をすればするほど、点数が伸びる! 古文漢文はインプットが勝負。10月は精読重視! 11月はスピード重視!過去問を本番の時間配分で解くこと!

10月は演習中心に、11月はスピード重視で!

Q.センター試験まで余裕がある10〜11月、どんな対策をすればいいですか?

8割以上を取るなら、10月は今まで身につけた文法や単語、漢文だと句形句法などの知識を使って、精読を重視する時期。問題文を読んで、内容や選択肢を正確に読み取る力をつけること。間違えたところは重点的に見直し、復習はしっかり。10月末まではどれだけ時間がかかってもいいので、まずは古文漢文で満点を取る力をつけるべきです。そして、問題を解くスピードを身につけていくのが、11月。今度は、きっちり本番と同じ時間の中で、過去問を解く練習をする時期になります。本番さながらのスピードで、いちばん高得点が取れる自分なりの解き方を見つけてください。

正確性とスピード。12月はこの掛け算を調整する時期!

Q.もうすぐセンター試験!12月〜1月のセンター試験対策とは?

12月は10〜11月で身につけた正確に読む力と素早く解き進む力をあわせて最大限の点数が取れるよう調整し、自分で見つけた時間配分の黄金比を絶対に崩さないように過去問で練習を重ねてください。この時期、理系の受験生でも1週間に1回は、「国語」として過去問を1年分解いてほしいですね。


解き終わった問題文は品詞分解をしながら音読!

Q.センター古文漢文での「8割以上を取る」ための対策方法は?

ズバリ言うと、センター国語は「時間との勝負」となるはずです。評論、小説、古文、漢文と大量の問題を80分という時間内で解き終わらなければならない。その中で8割以上をキープするには、戦略が必要になってきます。狙い目は古文漢文。知識を身につけ、演習を繰り返せば必ず解けるからこそ、得点源にしていきましょう。そういう意味で10月はかなり重要な時期。8割以上を目指すのならば、文法や単語などは見た瞬間にわかるくらいでちょうどよいくらい。文脈不要の文法問題であれば、さくっと得点できるように。さらに10月の段階で大事なのは、復習です。自分の弱点を見つけ、その単元を必ずスタディサプリなどで見直して欲しいです。さらに解き終わった問題文は、古文漢文ともに声に出して読むこと。品詞や句形を意識しながら問題文を読むことで古典特有のリズムが掴め、初見の問題文でも早く読めるようになります。 『センター古文漢文対策講座』では設問ごとの解法を2講にわたって伝授。苦手意識を持たれがちな「和歌」も1講使って講義をしています。古文漢文あわせて全部で10講。短い時間で重要事項の確認ができる講座です。

直近10年分は解かずに、一番古い問題から演習を!

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。