ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

細いのにデブ!? 「かくれ肥満度」チェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「かくれ肥満」という言葉を聞いたことがある人、きっと多いのではないでしょうか。かくれ肥満とは、「見た目はスリムだけど、内臓脂肪が多い人」のこと。放っておくと生活習慣病などのリスクが高まる、危険な状態でもあるんです。3つのポイントで、あなたの危険度をチェックしてみて!

「かくれ肥満」3つの特徴


体脂肪率が高め

「体重は標準体重なのに、体脂肪率の値が高い……!!」という場合はまず注意。具体的には、「男性25%以上・女性30%以上」である場合は「かくれ肥満」を疑ったほうがよさそうです。

極端なダイエットをしたことがある

「食べないダイエット」をしたことがある人も要注意。摂取カロリーを減らせば確かに体重は落ちますが、同時に筋肉も落ちてしまい、結果的に太りやすい体質になってしまうんです。

運動がキライ

運動しないと当然、筋肉量は少なく、体脂肪率は高めになります。特に内臓脂肪が増えやすいのは「歩かない」人。日々の移動がいつもクルマだったり、つい階段を避けてエスカレーターやエレベーターを探してしまう……。 なんてこと、ありませんか?

脱「かくれ肥満」! プロが教えるおすすめレシピ

「かくれ肥満」を解消するにはまず、「食べないダイエット」はNG! バランスが良く適度なカロリーを摂取できる食事を心がけて。さらに、ウォーキングやヨガなど、続けやすい有酸素運動を組み合わせると、より効果的です。自宅で手軽にできるヘルシーレシピ、今日から試してみませんか?

良質なたんぱく質をワンプレートで!

チキンの温サラダプレート

さくっと作れる、ヘルシーおつまみ♪

カプレーゼ

丼ものもヘルシーに◎

即席漬けまぐろとめかぶのヘルシー丼

関連記事リンク(外部サイト)

【美活レシピ】旬の「牡蠣」でうっとり美髪を手に入れる!
【美活レシピ】化粧品も「衣替え」が必要!
【美活レシピ】夏の肌トラブルは「柿」で解消!!

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP