ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

androp、「立体感のある音質で聴いてもらいたい」とニューアルバム『blue』をハイレゾ配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

andropがニューアルバム『blue』の収録楽曲全曲をバンド史上初となるハイレゾ音源での配信をスタートさせた。
androp (okmusic UP's)
CD以上に解像度が高く、レコーディング時のスタジオの空気感、ボーカルの息使い、楽器の繊細なニュアンスなど細部まで生々しく伝えるハイレゾサウンド。 作品に対してこだわり抜いて制作しているandropは、レコーディング時にスタジオで聴いている立体感と音像をそのまま届けたいという想いから今回の配信となったという。

臨場感を意識して制作された今作品『blue』を高解像度マスター音源クオリティで堪能して欲しい。

【androp コメント】
■Vocal&Guitar内澤崇仁

andropの音はほぼ96kHz/24bitでレコーディングしており、いつかCDで表現できる44.1kHz/16bitよりも解像度の高い音で伝えられないかと考えていました。 届けたくてもCDでは物理的に難しかった立体感のある音質で聴いてもらえる機会を作れて嬉しく思います。 僕らがレコーディングや音源MIX時に聴く密度の高い音を是非感じて欲しいです。

■Guitar&Keyboard佐藤拓也

今までもそうですが、今作『blue』も様々な試行錯誤を重ねて作り込んだサウンドが詰まっています。僕らは常に新しい事にチャレンジし、進化していきたいと思っているバンドです。今回、androp初のハイレゾ音源を配信できることを嬉しく思っています。

■Bass前田恭介

今作『blue』は今までよりも生の臨場感を意識したアルバムなのでハイレゾ配信が出来る事を嬉しく思います。 ぼくらがレコーディングした時に自分達が良いと思った、その時スタジオで聴いていた音に近い音像で是非聴いてみて下さい。

■Drums伊藤彬彦

『blue』ではアレンジや作曲面だけでなく、レコーディングエンジニアも沢山の方とご一緒させていただきました。レコーディングスタジオも今まであまり行ったことのないところに行ったりしました。各楽曲でそれぞれのキャラクターがとてもよく表れていますし、よりいい音質で聴いていただけるのも嬉しく思います。

アルバム『blue』ハイレゾ配信
・e-onkyo

http://www.e-onkyo.com/music/album/bud4538182653876/

・VICTOR STUDIO HD-Music.

http://hd-music.info/album.cgi/12409

・OTOTOY

http://ototoy.jp/_/default/p/66563

・ヤマハmysound

http://ymh.jp/androp/blue/hr

・mora

http://mora.jp/package/43000011/4538182653876/

・oriconME

http://music.oricon.co.jp/php/cd/CdTop.php?cd=SPC80043638

アルバム『blue』
発売中

【通常盤】(CDのみ)

ZXRC-2005/¥1,852+税

【androp 会員サイト限定盤】(CD+特殊パッケージ仕様)

ZXRC-2006/¥4,167+税

<収録曲>

1.Kaonashi

2.Irony

3.Digi Piece

4.Sunny day

5.Kienai

6.Lost

androp (okmusic UP's)
アルバム『blue』【通常盤】(CD) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。