ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】宇多田ヒカル、3連覇なるか?!Happinessは逆転1位を狙う!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年10月10日~10月12日までの集計が明らかになり、宇多田ヒカル『Fantome』がアルバム・セールス・チャート3連覇に向けてセールスを伸ばし続けて首位に立っている。

 『Fantome』は9月28日にリリースされ、先週までの累計で343,933枚を売り上げているがその勢いは今週も継続しており、上記集計期間で31,566枚のセールスをさらに積み上げた。3週続けてのチャート制覇に向けて好スタートを切っている。

 今回の集計で唯一『Fantome』に迫る数字を出しているHappinessの約4年ぶりのニューアルバム『GIRLZ N’ EFFECT』が2位。週末にかけてセールスを伸ばして、逆転1位を獲得することができるのかに注目したい。3位~5位は僅差の争いに。3位は、amazarashiのミニアルバム『虚無病』。チャン・グンソクのユニット・TEAM Hが約2年振りにリリースした『Monologue』が4位。5位には、ロングセールス中のRADWIMPS『君の名は。』が入っている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年10月10日~10月12日までの集計)
1位:『Fantome』宇多田ヒカル 31,566枚
2位:『GIRLZ N’ EFFECT』Happiness 24,136枚
3位:『虚無病』amazarashi 8,561枚
4位:『Monologue』TEAM H 7,880枚
5位:『君の名は。』RADWIMPS 7,755枚
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』アルバム・セールス連覇、東方神起とEXILEがトップ3入り
【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』好調キープで総合AL連覇、RADWIMPS『君の名は。』順位を上げる
赤い公園×雨のパレード 2マン開催決定「超スタイリッシュで鬼パレい夜に」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP