ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オバマ米大統領、2030年までに火星到達を目指すと宣言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宇宙好きの人に朗報だ。オバマ米大統領が、あなたを火星に送ってくれるかもしれない。

米CNNに掲載された署名記事で、オバマ大統領は宇宙探査に対する自身の関心を詳しく明かし、2030年までに人類を火星に到達させ無事に帰還させることを明確な目標として述べている。

記事によれば、人類を火星に送る究極の目標は、いつの日か火星に長時間滞在できるようにすることだという。

次のステップとして、オバマ大統領は、宇宙飛行士が宇宙空間で長期の飛行任務を行えるような環境を整備すべく、商業パートナーと協力するとのことで、「火星に到達するには、政府と民間部門が協力を続けていく必要があり、その歩みは既にかなり進んでいる」のだという。

オバマ大統領は、火星に到達して滞在できるようになれば、地球上での暮らしはより良くなるだろうと述べている。

関連記事リンク(外部サイト)

美しすぎる格闘家ロンダ・ラウジーがまさかのTKO負け!格闘家のコメント、ロンダの去就は?
帝王ヒョードルが世界最強女子、ロンダ・ラウジーをDIS!「大した事ねえ」「MMAは男の競技」
世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
社畜必見!日本一忙しすぎる8歳、人気子役・本田紗来がハードワーカーすぎると話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP