ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男

DATE:
  • ガジェット通信を≫

環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男

彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に付けていくらしい。

これは、普段あなたたちが輩出しているゴミの量だ

環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男

アメリカ人が生み出すゴミの量は、1日で約2kg。それが一体どの程度のものであるかを可視化し警鐘を鳴らす取り組みが、この「Trash Me(トラッシュ ミー)」プロジェクト。環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男

プロジェクトのために、余計にゴミを輩出したりはしない。あくまでも、一般的な生活を送ることがルールだそう。環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男

改札だって一苦労。環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男

地下鉄では隣の乗客に嫌がられたりも。環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男

それでも彼がこのプロジェクトを続ける理由──。

「ほとんどの人は、自分が普段どれくらいのゴミを出しているかなど気にしない。一度ゴミ箱に捨てれば、もう二度とそのゴミのことを考えたりはしないんだよ」

一見すると汚いゴミ男。しかし、心は誰よりもキレイで澄み切っている。一人ひとりの気の持ちようで、状況は少しずつ変わっていくはず。この動画を“見て終わり”ということにだけはしたくない。環境問題を考えていたら、いつの間にかゴミを身にまとっていた男Licensed material used with permission by Rob Greenfield

関連記事リンク(外部サイト)

カラフルな家具が、カイロの「ゴミ問題」解決の糸口になる
【予想以上に深刻・・・】美しき街「ナポリ」のゴミ問題とは?
99%のゴミを再利用!他国からゴミを買う、スウェーデンの「リサイクル革命」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。