ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見えないオシャレの極み!伝統的な型紙を使用した手染め職人による和柄インソール「華インソール」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本では昔から「見えないオシャレ」を楽しんでいました。羽裏(羽織の裏側)に鮮やかな絵柄を描いたり、近づいてみて初めて文様と気づく小紋であったり。

そんな見えないオシャレの極みとも言えるのが今回紹介する「華インソール」。華インソールは靴の中に敷くインソールで、普段では見えないインソールを華やかな色柄で染め上げているんです。

染加工には伝統工芸技術保持者である染色家の藤本義和氏が協力し、江戸時代より継承されてきた型染め技法を用いた手染めで染め上げられています。

気になるデザインは江戸時代から大正時代までの500種類以上の型紙の中から、柄と色の組み合わせを検証し5柄に厳選。グラデーション豊かなデザインに仕上げられています。

靴のインソールに手染めを使用するというなんとも贅沢な逸品ですが、座敷に上がる時や他所の家にお邪魔する時、靴を脱いだ時に初めてわかるオシャレ。なかなか大人な楽しみ方ですね。

手染め加工の華インソールはオンラインショップにて先行予約販売しています。

REGALERIA

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

コレクター魂を揺さぶる!450点以上の根付や印籠が集結する「細密工芸の華 根付と提げ物」が開催
ヤバッ!可愛すぎる〜っ!ナイキから桜が水墨画風にデザインされたスニーカーが発売
大波&桜のデザインを大胆に!「日本」をテーマにしたシューズがSAUCONY(サッカニー)から発売

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP