ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うちにも置けそう!ルーブル美術館のピラミッドをほうふつとさせる暖炉がオシャレ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゆらゆらと揺れる炎がロマンチックな暖炉は、憧れのアイテム。

とはいえ、なかなか自宅に設置するのは簡単ではありませんよね。

・モダンなピラミッド型暖炉

マンション住まいでも気軽に暖炉を楽しみたい…という方にご紹介したいのが、イタリアの「bioKamino」が手がけた床置き型暖炉「LOUVRE(ルーブル)」

パリのルーブル美術館に設置されている、ガラス製のピラミッドをほうふつとさせるモダンなデザインが特徴です。

四方がガラスなので、どこから見ても炎が眺められる仕組みが秀逸。

温かな暖炉のそばで、寝転がって本を読んだり、ソファに座ってコーヒーを飲んだり、リラックスタイムが満喫できそうです。

・煤も煙も出ない

また、サトウキビなどの植物を原料として作られる燃料、バイオエタノールを燃焼させるタイプなので、有害な物質が排出される心配も無用。

煤も煙も出ず、お部屋がクリーンに保てるそう。

サイズは縦74×横74×高さ63㎝で、カラーはブラックとホワイトの2色展開。

エコな暖炉でこの冬を過ごしたい方はぜひチェックしてみてくださいね☆

bioKamino
http://www.biokamino.com/en/prod_pavimento.asp?id_articolo=188

・インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP