ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村上正邦氏「安倍首相はリオ五輪でワケの分からん恰好した」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 参院のドンと呼ばれた村上正邦氏(84)は現役時代、元号法制化を進めるなど、皇室と政治の問題や調整に深く関わってきた。だからこそ、天皇の生前退位に対する安倍政権の対応に憤る。

 * * *
 政府は識者から幅広い意見を聴取し、天皇陛下の生前退位を特措法制定によって可能にすることを検討するなんぞと言っておるようだ。安倍さんはことが大きくなれば念願の憲法改正が困難になると危惧し、特措法の制定で早期決着を図ろうと考えたのかもしれん。

 しかし、それは大間違いです。私は陛下の生前退位には反対の立場だが、仮に譲位を実現するとすれば、皇室典範の改正は必要不可欠。現在の天皇陛下に限って例外的に認めるという特措法の考え方は、皇室の基本的な枠組みを恣意的に変えることにつながる。

 そもそも特措法でその場しのぎの対応をするというのは、天皇陛下の御心を蔑ろにするものです。まったくもって安易に考えすぎている。

 天皇陛下がお言葉を表明されたのは8月8日。宮内庁から優先的に検討せよと突っつかれてやっと9月23日に有識者会議のメンバーが発表されたが、安倍さんはその間、リオ五輪でなんだかワケのわからん格好をしておるじゃないか。

 こんなにも天皇陛下を軽んじてどうする。安倍さんは天皇陛下のお言葉ひと言ひと言を、真剣に重く受け止め、どのように答えればいいのか考えなくてはならない。

 それこそ山に籠もって全身全霊で思慮する、というぐらいの謙虚な気持ちで挑まねばならない。

●むらかみ・まさくに/1932年生まれ。1980年参議院初当選。労働大臣、自民党参議院議員会長を歴任。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号
参院のドンと呼ばれた村上正邦氏
【関連記事】
安倍首相 生前退位に特措法という小手先の便法使う理由
特措法で生前退位 皇太子不在や女性宮家問題も浮上
安倍首相 生前退位で意見食い違う保守派内の板挟み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。