ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インドの「マッチョ村」に行ってみたら本当にマッチョだらけだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドに到着した瞬間に感じる、あのスパイシーな香りと強烈な客引き、しつこすぎる勧誘。でも、その全てがインドで全てがインドの魅力。

そんなインドを旅してる時に、噂で聞いた「マッチョしかいないマッチョ村」を調査するために訪れました。

「マッチョ村」は、本当に存在したのです。

 

デリーの南に位置する村「アソラファタプールベリ」

photo by 宮崎大樹

首都のデリーからメトロで約40分、19ルピーでchhatarpurという駅まで行き、そこからさらにオートリキシャで向かいます。「マッチョ!」「アソラファタプールベリ!」それだけできっと通じます。

 

第一村人ならぬマッチョ人

photo by 宮崎大樹

いきなり出会いました。Tシャツの下から屈強な三角筋と上腕二頭筋、大胸筋が浮かび上がってます。左胸に浮かび上がるチェ・ゲバラも存在感が一味違います。

はい、Nextマッチョ!

photo by 宮崎大樹

格闘ゲームのキャラクターの様な存在感。もしパンチ一発もらったらと想像するだけでゾッとします。筋肉と同じぐらい脇汗に目がいってしまう…

はい、Nextマッチョ!

photo by 宮崎大樹

さりげない笑顔と洗練されたシルエット。これぞまさしく女性好みの細マッチョ。この両腕に抱かれたいって思ったそこのあなた、きっとカレーの匂いがします。

はい、Nextマッチョ!

photo by 宮崎大樹

COREと書かれたTシャツの下に潜む、正真正銘のコアマッスル。アウターマッスルだけでなく、コアマッスルを鍛えることも重要だと、羨む後ろ2人の視線がそう物語っています。

はい、Nextマッチョ!

photo by 宮崎大樹

日本の成人男性がぶら下がっても揺るがない上腕とは、これ。しかし見逃してはならない彼の前腕。スライス前の生ハムの様な形です。ただただ、太すぎます。

マッチョが想像を超えたマッチョだったアソラファタプールベリの村人、いや、戦士たち。

photo by 宮崎大樹

もはや接骨院までマッチョ専用です。

photo by 宮崎大樹

 

なぜこんなにマッチョが多いのか?

photo by 宮崎大樹

高級住宅街でもあるこの地区で働いてる人たちの90%が、デリーのショッピングモールやナイトクラブ、宝石店などで用心棒としてセキュリティーガードの仕事をしているのです。

休日はジムに通い、子どもたちの将来の夢もまたセキュリティーガードというマッチョが遺伝する村。

インドの平均月収は6,000〜7,000ルピーであるのに対し、マッチョの彼らは月収3万〜5万ルピー稼いでいるのです。

 

まとめ

本当にインドにマッチョ村は存在しました。

治安がいいとは言えないインドのデリーですが、彼らの活躍によりこれからもインドに魅せられインドを旅する人たちの味方になってくれることを期待してます。

デリーに行った際はぜひ、アソラファタプールベリへ訪れてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

インド観光の新定番!オススメのリゾートホテル5選
「インドから見たアジア」を表した地図が、偏見たっぷりでひどいと話題に
世界一うざい!?インド人
神秘の街デリーの観光スポット5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP