ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「産休?育休?だめだめだめ!」 理解のない職場。復帰を諦めかけた時、救世主あらわる  by 丸本チンタ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前回のエピソード:出血、そして流産。神様なんていないと思ったクリスマス

私が生まれ育った富山はコロッケの消費量が多い県です。

コロッケの消費量が多い理由の一つに、富山県は共働き率が高いということが挙げられています。

お惣菜として購入されているということでしょうね。

私の母親も働きに出ていました。

共働きが普通の環境で育ったということもあって、夫の収入が不安定だということとは関係なく、出産後は職場復帰を望んでいました。

でも、私が勤めていた会社は、これまでに誰一人として産休や育休を取った人がいない職場だったのです。

本社の上層部の方があからさまに難色を示しました。

育児休暇の権利が法律で保障されていたとしても、歓迎されていなければ職場復帰は難しいです。

どうすることもできず、産後の職場復帰は無理かな・・・と思っていたそのとき、助け舟を出してくれた人がいました。

私の直属の上司、高橋支店長です。

高橋支店長がいなければ、たぶん同じ職場への復帰は諦めていたかもしれません。

たった一人の存在が、誰かの人生を左右することもあるんですね。

そう考えると、人との出会いやつき合いは、やっぱり大事にしないといけないなと改めて感じました。

産後の職場への復帰が約束されたことで、気持ちが出産へ集中していくことになります。

※登場人物はすべて仮名です。 関連記事:「待て待て!パパ大人だから分かるぞ!」ちょろまかし5歳児とパパの攻防 by 丸本チンタ

著者:丸本チンタ

年齢:39歳

子どもの年齢:5歳

育児漫画から成人漫画までこなす、さすらいの漫画描き。愛娘もっちゃんの育児を中心に綴る4コマ漫画ブログ「おひさま もっちゃん!」が人気を集める。著書に『親バカと言われますが、自覚はありません。』(KADOKAWA)がある。

ブログ:「ちんたいむ」

新刊:おひさま もっちゃん! 漫画家パパの育児日記(KADOKAWA)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ケーキも乳製品もカレーも、カフェインも適量ならOK! 授乳中の食事について産婦人科医&小児科医が回答
ペットボトルのフタで飲む!お母さんの靴を履く!子どもの謎な行動に「やめて」と言いたくなったら… by チカ母
[澤穂希さんインタビュー]来年1月に第一子を出産予定。いつか母親になるために、20代のころから実践していたこととは

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP