体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた

1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた 19ヶ月のスタンリーくんは、カメラに興味津々!それもそのはず、スタンリーくんのお父さんはプロカメラマンなんです。1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた なんとか持てる…というほど大きい、お父さんのNikonのカメラを見つめるスタンリーくん。1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた

そこでお父さんは、スタンリーくんにお古のカメラとして「Canon G12」というデジカメをプレゼントすることにしました。もう仕事では使えないカメラ…といってもそこそこいいコンデジを手にしたスタンリーくん。

彼はあっという間にカメラの撮り方を習得し、シャッターを切るときには大きな声で「チーズ!」と言うようにまでなったそう。

家の周りを行ったり来たり、ファインダーを覗いたり液晶画面を見たり、ボタンを押してみたり。そうして撮れた写真には、お父さんも「いいね!」というものがたくさんありました。

それでは、スタンリーくんが撮った写真の数々をご覧いただきましょう。

子供の視点が楽しい!

1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた パパと洗濯物の影を写した一枚。視点の低さが、独特の構図に!1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた 芝生に寝そべる大好きなママ。1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた 愛犬とは常に目線が合いそうな距離感。1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた

こちらはスタンリーくんが自分で(?)セピアモードに切り替えて撮っていたそうです。「きっと、絵に変化が欲しかったんじゃないかな」とパパも自慢げ。

笑顔のパパを見上げるスタンリーくんの姿が想像できますね。1歳半の息子にカメラを渡してみたら、とても素敵な世界が写っていた
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。