体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GoodMorning!NYブルックリンで朝食を楽しめるカフェ3選

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

ニューヨークには、素敵なカフェがたくさんあります。ここはせっかくなので本場のオシャレなカフェに行ってみましょう。ということで、Newyorkでもやはり注目度が高いのはブルックリン(Brooklyn)エリアです。日本でもすっかりお馴染みの名となりました。マンハッタンは比較的、がやがやしておりますので、僕はこのブルックリンの雰囲気がとても好きです。

単に内装がおしゃれであるとかだけじゃなくて、コーヒーに関しては、豆の仕入れからローストからきちんと自分のとこでやってる本格的なカフェが多いです。

ブルックリンは、北からグリーンポイント・ウィリアムズバーグ・フォートグリーン・ダンボなどブルックリン地区の中でも地域が分けられておりますが、その中でもカフェの激戦区であるこのウィリアムズバーグ周辺。日本進出でも、お馴染み(なぜ大阪に来ない)のウィリアムズバーグを代表するカフェと言えば、こちらです。

1.Blue Bottle Coffee/ブルーボトルコーヒー

GoodMorning!ブルックリン・ウィリアムズバークで朝食を
言わずもながらの有名店舗になりました。もはやどのガイドブックにも載ってるのではないでしょうか。コーヒーサードウェーブの代名詞ともなっているブルーボトルさん。もちろん、コーヒーが抜群に美味しいです。ブルーボトルに来たならば、シングルオリジンのドリップコーヒーでしょう。と偉そうに言ってみます。すっかり観光客の方が多くなりましたが、地元民でも賑わっています。Wi-Fiはないですよ。コーヒーに全集中を向けるのです!

GoodMorning!ブルックリン・ウィリアムズバークで朝食を
メニューはこんな感じ。

GoodMorning!ブルックリン・ウィリアムズバークで朝食を
ウィリアムズバーグの地下鉄Beford駅を降りて2~3分歩いたところです。

2.The Toby’s Estate/トビーズエステイト

ブルーボトルも好きなのですが、僕はこちらのトビーズも大好きです。店内の雰囲気はこちらの方が落ち着ける感じです。Wi-Fiフリーで、みんな思い思いに愛用のMacを広げて作業してます。こんな風景が愛おしいですね。こちらのトビーズ、意外と知られていませんが、アン・ハサウェイ、ロバート・デ・ニーロ主演の映画「マイ・インターン」でがっつりロケ地になっています。見てない人はぜひ。

店内にどーん!!!

GoodMorning!ブルックリン・ウィリアムズバークで朝食を

■あわせて読みたい
日本初上陸!ブルーボトルコーヒーにオープン初日の朝行ってみた
【話題】シリコンバレーの真ん中にあるブルーボトルコーヒーがお洒落すぎる

3.Egg/エッグ

GoodMorning!ブルックリン・ウィリアムズバークで朝食を
こちらも同じく、上二つのカフェの近くです。名前の通り、卵を使った食事がおいしいのだと勝手に思っています。Breakfastでは、極上のオムレツや、卵をふんだんに使用したフレンチトースト、チーズと卵のトーストなど絶品揃いでした! コーヒーはドリップはフレンチプレスで申し分なしのおいしさ。朝から人気で地元の人も含め、たくさんの人がモーニングをしに来てました。地元でも大評判ですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。