ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXILEを見ると生理がくる!? 女性ホルモンとイケメンの関係性

  • ガジェット通信を≫


Twitterで「生理不順だったけど、イケメンを見たら女性ホルモンが分泌されて生理が来た」といったつぶやきが話題となっておりました。

確かに、女性ホルモンは、女性らしさを高めてくれる重要なホルモンですが、イケメンを見ることによって女性の体内に変化が訪れるのでしょうか?

そこで今回は「女性ホルモン」について、メカニズムや効果効能、効果的な食材を医師に解説していただきました。

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは、女性が妊娠や出産できるように、卵巣でつくられる二つのホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」をまとめて呼ぶ呼び方になります。

エストロゲンとプロゲステロンは生理周期に合わせて、それぞれの分泌量を変化させながら、月経や排卵をコントロールし、体調にも大きな影響を与えています。

イケメンを見たら生理がくる!?医師に聞いてみた

エピソード1

柔道・松本薫さんが、某バラエティ番組で、福山雅治さんに抱きしめられたら生理が始まったと告白。

エピソード2

3ヶ月生理がきていない女性が、産婦人科で女性ホルモンの少なさを指摘されたが、それからすぐEXILEのライブに参戦したところ、その日の内に生理がきたとtwitterでコメントし話題に。

医師の見解

女性ホルモンの分泌は、強いストレスや過酷なダイエットなどで乱れることが知られており、また恋をしたりすることでエストロゲンの分泌が高まることが知られています。

生理は確かにプロゲステロンとエストロゲンによって調節されて起こるものではありますが、イケメンを見たらホルモンが分泌されてそのために生理が急にきた、ということは医学的にはやや考えにくく、タイミングがたまたまあっただけではないかと考えられます。

女性ホルモンの変化する時期で現れる心身の変化

生理中

生理による出血などで貧血気味になったり、抵抗力が落ちる時期

卵胞期

エストロゲンの作用によって気分も明るく、活発に過ごしやすい

排卵期

だんだん体調が下降線をたどり、むくみや便秘も出やすくなる

黄体期

いらいらやむくみ、腹痛、肩こりなどに悩まされやすい

女性ホルモンを増やす方法

運動

適度に汗をかくような運動はエストロゲンの正常な分泌に効果的といわれます

十分な睡眠

寝不足を防ぐことが大切です

禁煙

タバコは美の強敵です

ストレスをためない

こちらも生活のあらゆる面に影響を与えます

食事のバランスに気を付ける

無理なダイエットなどは禁物です

恋愛をする

前項で述べたように、恋をすることでエストロゲンの分泌が高まります

女性ホルモンが少なくなると起こる心身の変化

女性ホルモンが減少することによって起こる症状は以下のようなものがあり、更年期障害の症状を想像するとわかりやすいでしょう。

■イライラする

■骨がもろくなりやすい

■お肌がカサカサする

■妊娠しにくくなる

■動脈硬化になりやすくなる

女性ホルモンを増やす食べ物と減らす食べ物

女性ホルモンを増やす食べ物

<大豆イソフラボンを含む食べ物>

・納豆

・豆乳

・豆腐

<にんにく>

ビタミンB6が豊富です

<バナナ>

にんにくと同様、バナナにもビタミンB6が含まれています

女性ホルモンを減らす食べ物

<添加物が多い食べ物>

カップめんや、インスタント食品など

<緑茶>

体に良いことで有名な緑茶ですが、カテキンがエストロゲンの分泌量を減らしてしまいます

<きのこ>

こちらもちょっと意外ですが、エストロゲンをつくる酵素の働きを邪魔してしまいます

<ブロッコリー>

アブラナ科の野菜もエストロゲンを減らしてしまいます

<みかん>

柑橘類もエストロゲンの作用を弱めてしまいます

香りと女性ホルモンの関係

香りで女性ホルモンが分泌されるメカニズム

匂いは嗅覚によって、脳に直接届き、脳の視床下部や下垂体などに作用し、ホルモン分泌に働きかける効果があります。

女性らしさを高めるおすすめの香り

バラの香りや、ジャスミンなどは女性らしさを高める香りとしてよく知られていますね。

医師からのアドバイス


女性らしさを高め、気分もよくしてくれるこのエストロゲン、生活の中で上手に活用していきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

女性ホルモンをコントロールして快適な毎日を過ごす方法
知っておこう! 生理周期でわかる妊娠しやすい日の目安
【生理が遅れる3大原因】生理不順を放置すると危険かも?!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP