ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

神奈川に隠された青の絶景「ユーシン渓谷」が美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
神奈川に隠された青の絶景「ユーシン渓谷」が美しすぎる

皆さん、ユーシン渓谷って聞いた事ありますか?SNSで密かに話題になったこの青い絶景、実は神奈川県で見られるのです。筆者は神奈川県で生まれ育ちましたが、まさか神奈川県にこんな絶景があったなんて知りませんでした。

そして実際に行ってきたので詳しく紹介したいと思います!

 

ユーシン渓谷とは

IMG_4671

photo by Mai Okuyama

ユーシン渓谷は神奈川県足柄郡山北町の玄倉川にある渓谷の事です。丹沢大山国定公園に属しており「丹沢の秘境」と呼ばれています。都心から90分で行けると言われています。

ユーシン渓谷へは小田急線「新松田駅」で下車した後、富士急湘南バスで「西丹沢自然教室行」行きのバスに乗り「玄倉」で降ります。バス料金ですが往復分セットで購入すると少し割引が効きます。

 

バスで揺られこと40分。玄倉に到着です。ただ、すぐにあの絶景を見れるわけではありません。ハイキングコースになっているので動きやすい格好で行くのをオススメします。

そんなに複雑なコースではありませんのでハイキング初心者でも安心です。

 

熊出没注意!?

IMG_4673

photo by Mai Okuyama

このハイキングコースでは、時々熊が出没するようです。少し歩いたところで「熊出没注意」の標識。そして内容は「平成28年6月24日にこの先でクマに襲われる事件がありました。ご注意ください。」との事。

これから先へ進もうとしているのに、こんな事書かれたら怖くてたまりません。ですがここで引き返す訳にはいきません。周りをキョロキョロしながらも頑張って前へ進みます。

 

出発前に万が一熊に遭遇してしまった時の対処法が示されていたので、見ておいた方がいいでしょう。熊よけ用の鈴を持っているといいらしいのですが、ただの鈴は全く意味がないそう。

熊よけ用として売られている物でないと意味がないので気をつけてください。熊よけ用ではないと逆に熊を呼びつけてしまう可能性があります。

 

327mの真っ暗トンネル

IMG_4686

phpto by Mai Okuyama

道の途中でいくつかのトンネルをくぐり抜けます。そのうちの1つ「新青崩隧道(しんあおざれずいどう)」というトンネルは一番長く327mもあります。トンネル内は懐中電灯必須です。

入り口の明かりがなくなった途端一気に暗くなり、iPhoneの明かりと懐中電灯で照らしても先は全く見えず、足元しか見えませんでした。出口の明かりが見えた時は嬉しかったです。

 

ユーシンブルーの正体は?

IMG_4689

photo by Mai Okuyama

3つ目のトンネルを通り抜けるとついにあの絶景「ユーシンブルー」が目の前に現れます。写真で見てた通り青い!青すぎる!長い道のりを乗り越えた達成感もあり、自分の目でみると感動的です。

この場所はダムなのです。なぜこんなに綺麗な色をしているのか原因はわかっていません。夏のユーシンブルーも綺麗ですが、紅葉の時期が一番美しいと言われています。

pixta_22239309_S

photo by PIXTA

ユーシンブルーと真っ赤な紅葉のコントラストが最高に綺麗ですね!

本来ならば、この先にあるユーシンロッジが折り返し地点なのですが、筆者は青い絶景を見て満足してしまいそこで折り返してしまいました。

 

川でも遊べる!

IMG_4700

phpto by Mai Okuyama

ユーシンブルーはダムなので見るだけになってしまいますが、ハイキングコースの途中で玄倉川という川があります。夏場はそこでバーベキューをしている人が沢山います。

筆者も川に入りました。かなり透明度も高くて透き通っています!ひんやりしていて、歩き疲れた足をクールダウンしてくれました。

 

最後に

どうでしたか?都心から90分の距離にこんな素晴らしい絶景があったんですね。週末にこの美しすぎる青い絶景に癒されてみてはいかがでしょうか?

関連記事リンク(外部サイト)

大阪で見られる絶景7選
お世話になった海外のあの人へ♡「日本の絶景ポストカード」で日本の魅力を届けよう
星景写真家が厳選!“世界一美しい星空”と呼ばれる「テカポ湖」のおすすめ動画
3月は旅×写真のイベントが熱い!本田直之さんら旅人たちの「世界旅写真展」は必見!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。