体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神奈川の「ユーシン渓谷」が隠された青の絶景と聞いて行ってきた

神奈川の「ユーシン渓谷」が隠された青の絶景と聞いて行ってきた

(2018/03/15 編集部追記)

2018年1月に起こった斜面崩落により、現在林道が閉鎖されております。また神奈川県からは、以下のようにお知らせが出ています。

玄倉(くろくら)林道全線において、落石が多発しています。特に、石崩隧道(3号隧道)から洞角隧道(6号隧道)の間は、斜面崩落が頻繁に発生し非常に危険な状態であることから、当区間は当面の間、歩行者を含め通行止めとなります。これにより通称ユーシンブルーへは行けません。(http://www.pref.kanagawa.jp/docs/m2g/cnt/f417344/rindoh_tukoudome.html

今後の最新情報にご注意ください。以下、過去の掲載情報になります。

皆さん、ユーシン渓谷って聞いた事ありますか?SNSで密かに話題になったこの青い絶景、実は神奈川県で見られるのです。筆者は神奈川県で生まれ育ちましたが、まさか神奈川県にこんな絶景があったなんて知りませんでした。

そして実際に行ってきたので詳しく紹介したいと思います!

 

ユーシン渓谷とは

IMG_4671

photo by Mai Okuyama

ユーシン渓谷は神奈川県足柄郡山北町の玄倉川にある渓谷の事です。丹沢大山国定公園に属しており「丹沢の秘境」と呼ばれています。都心から90分で行けると言われています。

ユーシン渓谷へは小田急線「新松田駅」で下車した後、富士急湘南バスで「西丹沢自然教室行」行きのバスに乗り「玄倉」で降ります。バス料金ですが往復分セットで購入すると少し割引が効きます。

 

バスで揺られこと40分。玄倉に到着です。ただ、すぐにあの絶景を見れるわけではありません。ハイキングコースになっているので動きやすい格好で行くのをオススメします。

そんなに複雑なコースではありませんのでハイキング初心者でも安心です。

 

熊出没注意!?

IMG_4673

photo by Mai Okuyama

このハイキングコースでは、時々熊が出没するようです。少し歩いたところで「熊出没注意」の標識。そして内容は「平成28年6月24日にこの先でクマに襲われる事件がありました。ご注意ください。」との事。

これから先へ進もうとしているのに、こんな事書かれたら怖くてたまりません。ですがここで引き返す訳にはいきません。周りをキョロキョロしながらも頑張って前へ進みます。

 

出発前に万が一熊に遭遇してしまった時の対処法が示されていたので、見ておいた方がいいでしょう。熊よけ用の鈴を持っているといいらしいのですが、ただの鈴は全く意味がないそう。

熊よけ用として売られている物でないと意味がないので気をつけてください。熊よけ用ではないと逆に熊を呼びつけてしまう可能性があります。

 

327mの真っ暗トンネル

IMG_4686

phpto by Mai Okuyama

道の途中でいくつかのトンネルをくぐり抜けます。そのうちの1つ「新青崩隧道(しんあおざれずいどう)」というトンネルは一番長く327mもあります。トンネル内は懐中電灯必須です。

入り口の明かりがなくなった途端一気に暗くなり、iPhoneの明かりと懐中電灯で照らしても先は全く見えず、足元しか見えませんでした。出口の明かりが見えた時は嬉しかったです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy