ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソナポケko-dai 重症急性膵炎で緊急手術 予測される深刻な容態

  • ガジェット通信を≫


2016年10月11日(火)体調不良を訴え緊急入院していたソナーポケットのボーカルko-daiさんが、総胆管結石による重症急性膵炎であることを公式サイトが発表しました。

若い世代に絶大な支持を集めるソナーポケットですが、今回を受けてライブやメディア出演などの活動は当面出来ないと伝えられました。

今回ko-daiさんに診断された「重症急性膵炎」とはどのような症状であるのか、医師に解説をしていただきました。

ソナーポケットko-daiの予測される容態

手術を行っていること、活動再開の見込みが不明と発表されていることからも、膵臓及び膵臓以外にも臓器障害が進んでいる可能性は考えられます。

重症急性膵炎で緊急手術がおこなわれる場合

手術は、感染症を起こして膵臓が壊死した場合や、膵臓に膿瘍ができた場合に行われるので、このような状態に至っていたと考えられます。

重症急性膵炎とは

急性膵炎が重症になったものが重症急性膵炎です。急性膵炎の重症度判定基準というものがあり、それによって重症と判定されれば重症急性膵炎とされます。

内容はかなり細かくなっていますので、一部抜粋で分かりやすい項目を挙げると、以下のようになります。

予後因子

□呼吸不全となっている(人工呼吸管理が必要)

□血中の尿素窒素の値が高い、または乏尿が継続している

□血中総カルシウムが≦7.5mg/dL

□血小板数≦10万/mm3

□年齢70歳以上

これ以外にも項目がありますが、このような項目を1つ1点として評価し、点数化します。

造影CT Grade

炎症の膵臓外進展度、膵臓の造影不良区域を評価して点数化します。

予後因子が3点以上、造影CT Gradeが2点以上の場合に重症急性膵炎と診断します。

重症急性膵炎の症状

■激しい腹痛

■血圧低下

■黄疸

■多臓器障害

■敗血症

重症急性膵炎の原因


原因で最多はアルコールです。他には胆石症、腹部外傷による膵臓の損傷、医原性(ERCPなどで発生)、また今回のように胆道系に結石が詰まることも原因となります。

総胆管結石から重症急性膵炎になる経緯

肝臓から十二指腸にかけて「総胆管」という胆汁の通り道があります。一方、膵臓からの膵液を運ぶ膵管も十二指腸に開口しており両者の出口は共通しています。

この出口を総胆管結石がふさいでしまったことによって、膵液が出口を失い、結果、膵炎を発症したと考えられます。

重症急性膵炎の治療法


重症例の場合、集中治療、全身管理がまず行われます。具体的には、経腸栄養による管理、また感染症を起こすと致死的となりうるため、消化管除菌などを行います。

また、多臓器障害が改善されない場合には持続的血液濾過透析を行ったり、場合によっては手術を行います。

医師からのアドバイス

重症急性膵炎は致死率も高く、後遺症が残ることもあります。

膵炎は主にはアルコール多飲で発症しますので、自分でコントロールするように注意しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

膵臓に現れる怖い病気について! 膵臓の働きを知って予防しよう
小説『君の膵臓をたべたい』映画化決定! ところで「膵臓」って何?
【医師が詳しく解説】元横綱千代の富士 九重親方を襲った「膵臓がん」とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP