ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

amazarashi、「虚無病」が蔓延する世界を描いたストーリー第2章を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日3年ぶりとなる、ミニアルバム「虚無病」をリリースしたamazarashiの新たなプロダクツ「虚無病」のストーリー第1章に加え、第2章を特設サイト上に公開した。また、ミニアルバムリリースとあわせて秋田ひろむのコメントが公開された。

「虚無病」は、秋田ひろむが書き下ろす新たなストーリーの中で繰り広げられる架空の病で、amazarashiの楽曲がモチーフになったキャラクターと共に同タイトルの物語が展開され楽曲と、10月15日に幕張メッセ イベントホールにて行われる360°ライブともリンクするプロダクツとなる。

amazarashi・秋田ひろむ コメント
思うに虚無とは、煤のような物かもしれません。
こびり付くのは一瞬。でも、こそぎ落とすには骨を折るものです。
問題は、煤がこびり付いたからといって、この自我を買い替える事はできないという事です。

悲しい事、苦しい事を経て、僕らはすっかり汚れてしまいました。この真っ黒な煤を
“美しい”と言えるかどうかが、僕らの命を肯定する分水嶺かのように感じています。

僕らの負の感情を、ネガティブを、薄汚れた“煤”を、清濁合わせて飲み干せるのか。
真っ黒に汚れたあなたに問いかけたいのです。
それでも人生は美しいと言えますか?

amazarashi「虚無病」特設サイト
http://www.amazarashi.com/kyomubyo/

リリース情報

ミニアルバム「虚無病」
2016年10月12日発売
初回生産限定盤(CD+DVD+DL)AICL 3175〜7 2,000円+税
通常盤(CD)AICL.3178 1,500円+税

関連リンク

amazarashi official web sitehttp://www.amazarashi.com/
amazarashi Twitterhttps://twitter.com/amazarashi_bot
amazarashi Facebookhttp://www.facebook.com/amazarashiofficial
amazarashi mobile モバイルサイト「apologies」http://m.apologies.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP