体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで「鉱物」のよう! まさに黒いダイヤモンド「石炭ザンギ」を食べてきた

f:id:mesitsu_lc:20160529104622j:plain

石油が使われる前、人々は石炭で暖をとっていました。

北海道には数多くの炭鉱があり、今なお史跡として残っています。

そんな炭鉱マチだった三笠市に、衝撃のメニューがあるという情報を得ました。

その名も「石炭ザンギ」。

黒光りしたその姿は、まさに黒いダイヤモンド!形も石炭そっくりです。

奇をてらったメニューかと思いきや……食べてみると美味しいのです。

ポイポイとどんどん食べ進める姿は、

自分に石炭をくべているようです。

今回は地元の食材をふんだんに使った、

驚愕の「石炭ザンギ」に迫りますよ。

石炭の採掘が盛んだった三笠市

f:id:mesitsu_lc:20160529104625j:plain

たとえ石炭であったとしても、美味しいと言われれば一度は口に入れます。

一風変わった料理を愛してやまない、メシ通レポーターの裸電球です。

今回の舞台は、北海道三笠市。

f:id:mesitsu_lc:20160529104623j:plain

あ、ここですか?

三笠と言えば「桂沢湖」ですよ。

大きな恐竜がお出迎えしてくれます。

想像しているより、ちょっと大きくてびっくりするはずです。

三笠は化石も有名なため、

あちこちに恐竜のオブジェなどがあります。

f:id:mesitsu_lc:20160529104624j:plain

三笠市は、ジオパークに認定されています。

ジオパークとは、「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」という意味なんですって。

登録には厳しい審査もあり、勝手には名乗れないそうです。

確かに、三笠市は自然がいっぱい!

この湖だって、首の長い恐竜が出てきても不思議ではない雰囲気です。

f:id:mesitsu_lc:20160529104627j:plain

三笠ジオパークでは、地層や化石、鉄道に炭鉱遺産など、

色々なものを見ることができます。

ちなみに「石炭ザンギ」も 三笠ジオパークに認定されているんですって。

では道の駅を目指しますよ。

f:id:mesitsu_lc:20160529104550j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。