ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストーブ好き猫がざわざわ 出してるだけで期待して待機しちゃう猫さん

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 このところ寒さが日ごとに増していますが、寒さを感じるのは人間のみならず動物たちも同じくで、家にいる猫たちまでもが暖を求めているようです。

 そんな姿を撮影した1枚の写真が話題になっています。消されたストーブの前にちょこんと座る2匹の猫ちゃん。どうやら暖を求めて「電気がつくのは今か今か」と期待してまっているようす。ただ期待にそえずで飼い主さんは「あ…ごめんなさい。それ来月からなんですよ」と申し訳ない気持ちでいっぱいになっていました。

【関連:寒い季節の風物詩『ニャンモナイト』出現に愛猫家歓喜!】

 飼い主さんに詳しい話を聞いてみました。写っているのは、茶トラのリベット君、サバトラのリュウ君コンビだそうです。暖房は2日ほど前の寒い日に出して1度だけ使ったそうです。以来はちょっとそのまま置きっ放しに。そうしたところ写真のように、期待で待つ二匹が集まってきちゃったんだとか。

 ちなみに、茶トラのリベット君はこれが暖房だと理解し、去年も暖を取っていたほどお気に入り。対しサバトラのリュウ君は実はリベット君のまねっこをしているだけで実はそこまでストーブには執着がないんだとか。

 これから益々寒くなりますが、各地では猫たちの「ニャンモナイト化」(別名:猫団子)や、飼い主にとってはお布団の中で重宝する「ねこたんぽ化」の増加が予想されます。猫にとってはニャンモナイトやねこたんぽより暖房!なのかもしれませんが、でもストーブやこたつはあまり近づきすぎるとちょっと心配になったりもするので、もし本格始動したとしてもできるだけ飼い主さんにくっつく方法で暖を取って欲しいものですね。

▼出典
(OMO)さんTwitterアカウント(@W17Td

(文:はな)

関連記事リンク(外部サイト)

おにぎり写真で飢えに苦しむ子供達に給食5食をプレゼント!買ったおにぎりでも参加できるよ
父LOVEな猫が決死の大作戦! 「準備万端」と言わんばかりの表情に皆ほのぼの
長谷川豊アナの公式HP復旧 不明なファイルが検出

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP