ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

航空券が当たる!アートを体感できるオランダ&フランダースキャンペーン開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(c)ファン・ゴッホ美術館

この冬、オランダとベルギーのフランダースを旅して、本物のアートを体感してみませんか? 今ならベルギー・フランダース政府観光局とオランダ政府観光局の共催で、期間限定キャンペーンを開催しています。

なんと日本〜オランダ(アムステルダム)の往復航空券と、アムステルダムからブリュッセルへの片道航空券が当たるチャンス! 応募方法はネット上の専用フォームへ必要事項を入力するだけ。日本在住の方はどなたでもご応募できます。

さらにダブルチャンス! 今回のキャンペーンでは航空券だけではなく、「ゴッホとゴーギャン展」(東京都美術館にて開催)、「ピエール・アレシンスキー展」(Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催)の展覧会招待チケットも抽選で当たります。じっくりとアートに浸って、新しい価値観を研ぎ澄ませてみませんか?

[キャンペーン概要]


名称:KLM65周年の旅 アートを体感 オランダ&フランダースキャンペーン
主催:オランダ政府観光局、ベルギー・フランダース政府観光局、KLM オランダ航空
開催期間:2016年10月3日(月)〜31日(月)
応募方法:インターネットから専用フォームで応募
対象:日本在中の方
賞品:
①特賞 KLM オランダ航空のアムステルダム往復航空券(エコノミークラス)とアムステルダム〜ブリュッセル片道航空券(エコノミークラス)  1組2名様
②アートA賞 「ゴッホとゴーギャン展」(東京都美術館にて開催)鑑賞券 25組50名様
③アートB賞 「ピエール・アレシンスキー展」(Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催)鑑賞券 25組50名様
キャンペーン詳細URL: http://www.hollandflanders.jp/campaign/art/

オランダのアートを楽しもう!

オランダが生んだ天才画家ゴッホ。そのアーティスト魂や生き様から炎の画家と呼ばれています。世界最大のゴッホのコレクションを収蔵するオランダの「ゴッホ美術館」はアムステルダムで非常に人気の高い観光スポット! 初心者でも楽しめるような色鮮やかな展示品もたくさんあります。

オランダ国内最大の国立公園のなかには、世界で2番目に多くゴッホのコレクションが揃った「クレラー・ミュラー美術館」があります。あのピカソや、モネといった印象派の絵や彫刻庭園もあり、広大な森の中を無料のレンタサイクルで走りながら、1日中たっぷりとアートと遊ぶことができます。

(c) KMSKB (2)

注目高まるベルギー・フランダースのアート文化

ベルギーの画家といえばピーテル・ブリューゲル。ベルギー王立美術館にはブリューゲルの作品はもちろん、その他にも様々な展示品があり、ヨーロッパ屈指の美術館として知られています。2016年の春にはブリューゲルの作品世界を最新のテクノロジーで体験できる展示も発表されました。バーチャルを駆使してアートの世界観に触れながら、専門家の解説を聞いて感性を磨くことができます。

ブリュッセルの南西には「ブリューゲル街道」と呼ばれるブリューゲルが描いた景色や建物などのゆかりの場所をつないだ観光スポットもあるので、興味のある人はぜひ行ってみてください。

(c) Luc Bohez
2017年にはブリューゲルの名作「バベルの塔」が来日! 4月からは東京都美術館、7月からは大阪の国立国際美術館に展示される予定です。「バベルの塔」が来日するのは1993年以来24年ぶり! すでに芸術・美術好きの間では注目が高まり、かなり話題になっているようです。今回のキャンペーンをきっかけに、アートの旅を楽しんでみましょう!

[キャンペーン概要]
名称:KLM65周年の旅 アートを体感 オランダ&フランダースキャンペーン
主催:オランダ政府観光局、ベルギー・フランダース政府観光局、KLM オランダ航空
開催期間:2016年10月3日(月)〜31日(月)
応募方法:インターネットから専用フォームで応募
対象:日本在中の方
賞品:
①特賞 KLM オランダ航空のアムステルダム往復航空券(エコノミークラス)とアムステルダム〜ブリュッセル片道航空券(エコノミークラス)  1組2名様
②アートA賞 「ゴッホとゴーギャン展」(東京都美術館にて開催)鑑賞券 25組50名様
③アートB賞 「ピエール・アレシンスキー展」(Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催)鑑賞券 25組50名様
キャンペーン詳細URL: http://www.hollandflanders.jp/campaign/art/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP