ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガイ・リッチー、映画『アラジン』の実写版の監督へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ディズニーは、映画『Aladdin(原題)』の実写版の監督としてガイ・リッチーと交渉に入った。

ワーナー・ブラザースが製作した2本の『シャーロック・ホームズ』シリーズの映画をプロデュースしたダン・リンは、本作でも、自身の製作会社リン・ピクチャーズを通じてプロデュースを担当する。エグゼクティブ・プロデューサーはジョナサン・エアリッチが務める。

脚本は、映画『ビッグ・フィッシュ』のジョン・オーガストが執筆する。

オリジナルのアニメ版は、ランプに封印されたジーニーによって、若い男が3つの願いをかなえられるというアラブの伝説を、愉快なタッチで描いた作品として、1992年に公開した。ジーニーの声優は、ロビン・ウィリアムズが務めた。

同作は、1992年に最も稼いだ映画であり、アカデミー賞では作曲賞と、楽曲『ホール・ニュー・ワールド』で歌曲賞を獲得した。

リッチーの監督作品には、映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』、映画『スナッチ』、映画『コードネーム U.N.C.L.E.』、そしてワーナー・ブラザース製作の映画『King Arthur(原題)』がある。彼はCAAと代理人契約を結んでいる。

オリジナルの『アラジン』は国米国で2億1700万ドル、世界で5億400万ドルを稼ぎ出した。ディズニーは、映画『シンデレラ』、映画『ジャングル・ブック』を含む、名作アニメの実写版が力強いパフォーマンスを見せると考えている。同社はエマ・ワトソン主演の映画『美女と野獣』の実写版を来年に公開する予定で、映画『ライオンキング』と映画『リトル・マーメイド』の実写版の製作も進めている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP