ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノラ・ジョーンズ「デイ・ブレイクス」が37か国のiTunesで1位獲得、世界から絶賛の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月5日に発売になったノラ・ジョーンズのニューアルバム「デイ・ブレイクス」のセールスが絶好調でスタートした。mora洋楽が1位。iTunes 週間アルバム・ランキング(10月3日〜10月9日)が3位、オリコン週間アルバムランキング(10月17日付。10月3日~10月9日)が4位。ロケットスタートを切った。

また、全世界37か国のiTunesアルバム・チャートで1位を獲得している。

アルバムには世界中から絶賛の声が届いている。

“her masterpiece to date… inspired and breathtaking…”—MOJO
今までの最高傑作。息をのむような素晴らしいでき。

“A marvelous consolidation, floating buoyantly between past tradition and her own unique present.”—Rolling Stone
きらびやかに過去の伝統と現在の独創性を行き来した素晴らしい融合。

“an eclectic triumph.”—PEOPLE
多用的な勝利

“Day Breaks is both a return to roots and a triumphant showcase of stylistic diversity.”—DownBeat
「デイ・ブレイクス」はルーツへの回帰と同時にスタイルの多様性を上手に取り入れている。

“Spellbinding… Jones returns to her sweet spot.”—UNCUT
魅惑的。ジョーンズは彼女の得意分野に戻ってきた。

“Norah Jones has a way of being there when you need her… a warm, honeyed voice, right up against your ear, AutoTune-free and honest.”—Boston Globe
ノラ・ジョーンズは必要な時にいつもいてくれる。温かく、甘く オートチューンを必要としない素直な声が耳元で聞こえてくる。

“In today’s outrage-filled world, ‘Carry On,’ arrives like a balm for the soul.”—Newsday
今日の混乱に満ちた世の中で「キャリー・オン」は心の傷薬のようである。

“Day Breaks sees the singer and pianist returning to her jazz roots, but wit
h a new confidence that’s got her bending genres and belting out some of her best vocal performances to date.”—BUST
「デイ・ブレイクス」ではシンガーそしてピアニストとしてジャズのルーツに戻っている。
新たなな自信もみなぎっておりジャンルを超え今までで一番のヴォーカル・パフォーマンスを披露している。

“one of music’s special treasures”—Mashable
音楽にとって特別な宝物。

関連リンク

ノラ・ジョーンズ日本公式サイトhttp://emij.jp/norah/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP