ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

種類が多すぎて迷っちゃう。お腹が喜ぶ乳酸菌はどれ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

乳酸菌が便秘や整腸作用に効くというのはほとんどの人が知っていると思います。でも、ヨーグルトひとつとっても色々な名前の乳酸菌がありますよね。逆に「ヨーグルト○個分の乳酸菌」などというあいまいな表示も。心身ともに美しくなるにはどんな乳酸菌を摂ったらよいのでしょう。乳酸菌の種類や効果、おすすめの摂り方を紹介します。

乳酸菌という名前の菌は無い

商品にも「乳酸菌配合」という表記があるので、乳酸菌という体に良い菌があると勘違いしている人もいるようです。実は、ブドウ糖から乳酸を作り出す能力を持つ細菌の総称を乳酸菌といい、それぞれ個別に名前もついていて、性質や効果もバラバラ。現在確認されているだけで600種類もの乳酸菌があるです。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌にはヨーグルトやチーズなどの乳製品に代表される動物性乳酸菌と、漬物や発酵食品に代表される植物性乳酸菌があります。「植物性乳酸菌は生きて腸まで届く」など有効性をアピールする商品もありますが、どちらも同じ乳酸菌です。摂り方にもよりますが、脂質を少なめにしたい人は植物性乳酸菌、ベジタリアンの人にも植物性乳酸菌が人気です。そもそも日本人の腸には植物性乳酸菌が合っているという説もあります。

おもな乳酸菌とその効果

ビフィズス菌

ビフィドバクテリウムといい、体内に存在する善玉菌の99%を占めています。実は乳酸菌とは違う成分です。糖を食べて短鎖脂肪酸を作り出す微生物で、酸素があると生息できないため体内にしか生息していません。乳酸菌と同じく整腸作用があるため、乳酸菌と混同されることが多いのです。

ヤクルト菌シロタ株

ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株といいます。酸素があってもなくても増殖することができ、胃酸や胆汁にも強く死滅することなく腸に届きます。善玉菌であるビフィズス菌を増加させ悪玉菌を減少させる効果があるので、便秘や肌荒れに効果が期待できます。

L-92乳酸菌

ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株といい、カルピス社の研究によって発見された乳酸菌です。花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状に効果があるといわれています。アレルギー症状は免疫バランスが崩れることで起こりますが、L-92乳酸菌は免疫バランスを整え、アレルギー症状を抑えます。

LG21乳酸菌

この乳酸菌にはピロリ菌の活動を抑制する効果があります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こす因子であるピロリ菌は、日本人に感染者が非常に多いそうです。LG21乳酸菌は胃を疾患から守り腸までしっかり守ってくれます。

このほかにも、免疫力を高めてくれるR-1乳酸菌、植物性乳酸菌で悪玉菌を減らし大きな病気を予防する効果があるとされるラブレ菌など、ヨーグルト売り場で目に付くだけでもたくさんの乳酸菌があります。どの乳酸菌が自分の体に合っているかは残念ながら1〜2週間継続して摂ってみて、体感してもらわないとわかりません。また、たくさんの乳酸菌が生息しているほうが腸には良いので、いろいろな乳酸菌をローテーションで摂る方が相乗効果が期待できます。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP