体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座のシンボルとして50年にわたり親しまれてきた、銀座ソニービル。

2017年3月末で営業を終了し解体され、跡地は東京五輪・パラリンピックが開催される2020年夏まで公園「銀座ソニーパーク」として利用されることが決まっている。

そんな銀座ソニービルに、2016年11月1日から2017年3月末までの期間限定で『本屋 EDIT TOKYO』がオープンする。運営元は、下北沢の本屋B&B。「東京を編集する」をコンセプトとした新たな取り組みとしての出店となる。

下北沢の本屋B&Bといえば、2012年の開店以来、毎日のように店内で本や雑誌に関するトークイベントを開催してきたことで知られる。

「本屋 EDIT TOKYO』でも、そのコンセプトは引き継がれ、月曜から金曜まで、書籍・雑誌・WEBメディアの編集者を招いた「100人の編集者による100回のトークイベント」が開催されるという。イベントの詳細は店舗のWEBサイトを確認のこと。

また店内では、東京をテーマにした選書コーナーの設置や、東京の日用品をテーマとした厳選のこだわりアイテムも展示・販売される。

本好きであれば、一度は足を運んでみる価値がありそうだ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

苦いけどクセになる!カカオ70%以上の「ハイカカオスイーツ」最新事情

【闇金ウシジマくん】「シリーズで最も過激でハードに仕上がった」と監督手応え

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。