ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TUBE・春畑道哉、写真家のレスリー・キー監督による「LIFE」MVに織田哲郎など10名が友情出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ギタリスト春畑道哉(TUBE)が、ソロデビュー30年目・50歳を迎える節目に、30周年アルバム 「Play the Life」を11月9日に発売する。本日、レスリー・キー監督によるアルバム表題曲「LIFE」のミュージック・ビデオとメイキングの一部が、オフィシャルYouTube Channelに公開された。

9月上旬、良く晴れた夏の終わりにミュージック・ビデオの撮影は行われた。この「LIFE」という曲は“My LIFE, Your LIFE ,This LIFE,Our LIFE”という歌詞にあるように、自分の人生だけでなく、友達、家族、仲間、そして全ての人達の人生を思い描いており、人生の大切な瞬間、人の一生を1曲の中で表現しており、春畑の音楽人生の中で大切な瞬間を共に過ごした、彼の音楽人生を語る上で欠かせない仲間をゲストに迎えてのパーティシーンと、ライブシーンで構成されている。

パーティシーンは、春畑道哉のソロデビュー30周年のお祝いに、「シーズン・イン・ザ・サン」「Summer Dream」などTUBEの初期の代表曲の作曲を手掛けた織田哲郎、ミュージシャンの先輩でもあるDIMENSIONのギタリスト増崎孝司、ドラマー 濱田尚哉、TUBEのデビューから現在に至るまで振付けを担当している濱田“Peco”美和子、そして、アマチュア時代のバンドメンバー、元TUBEディレクター、後輩ギタリストなど10名を一堂に会し、春畑のソロデビュー30周年のお祝いにセレブレーションパーティが開かれ、モノクロの台本無しのドキュメンタリータッチな世界を描いている。集まったゲストが各々したためてきた手紙が読み上げられると春畑の目に涙が映る。

特に織田哲郎はアマチュア時代にバンドでコピーをしていた憧れの存在であり、またTUBEの初期の代表曲を作曲していたことから、春畑にとって今でも目標であり敬愛する1人である。メイキングではスペシャルゲスト10名との関係を春畑本人がエピソードと共に解説している。

後半のライブシーンには、オフィシャルサイトで多数の応募の中から抽選で選ばれたファンを集めてのライブシーン。これまで支えてくれた全ての人への感謝を表現した映像となっている。

春畑はアルバムを引っ提げて、11月16日の福岡公演を皮切りに、大阪、愛知、東京、宮城、北海道の全国6箇所で約4年振りとなる全国ソロツアー「Michiya Haruhata LIVE AROUND 2016 Play the Life」を開催する。

「LIFE」ミュージック・ビデオ

「LIFE」ミュージック・ビデオ メイキング(「Play the Life」Arkwork Makingより)

映像ディレクター/プロデューサー:レスリー・キー
スペシャルゲスト
織田哲郎
ギタリスト 増崎孝司(DIMENSION)
TUBE振付け担当/シンガーソングライター 濱田“Peco”美和子
ドラマー 濱田尚哉
アマチュア時代のバンドメンバー 田中実
アマチュア時代のバンドメンバー 有馬拓郎
後輩のギタリスト 星野威
後輩のギタリスト KAZ
後輩のギタリスト 花村博人
元TUBEディレクター 小松久

関連リンク

春畑道哉 オフィシャルサイトhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/MichiyaHaruhata/
TUBE オフィシャルサイトhttp://www.tube-net.com/
TUBE Official Facebookhttps://www.facebook.com/TUBE
TUBE Twitterhttps://twitter.com/tube__official

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP