ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっと大人な贅沢を…。一度は泊まりたい!おすすめの憧れ宿【京都】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

特別な記念日や自分へのご褒美に、大人の贅沢を体験してみたい。そんな憧れを持っている方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方にピッタリの、大人を魅了する特別な宿をご紹介します。

約800年の歴史を持つ名庭を堪能できる贅沢な宿、かつて迎賓館だった洋館で時を過ごせるオーベルジュなど、非日常の雰囲気を楽しめる宿ばかり。

時には少し背伸びして、ゆっくりと癒しのひと時を楽しみたいもの。心を落ち着けて深くリラックスできる大人の旅にぴったりの宿を見つけてみませんか?

フォーシーズンズホテル京都【京都府京都市】

雅やかな四季折々の美意識とモダンな感性が融和する空間。

伝統色を基調としたインテリアや大理石のワーキングデスクなどを備える

天井まで続く9mの大きな窓から日本庭園を望む「ザ・ブラッスリー」

名庭に佇む茶室「積翠亭」では日中は茶道体験を、夜は日本酒やシャンパンが楽しめる

2016年秋オープン予定

約800年の歴史を紡いできた名庭「積翠園」を受け継ぎ、名刹の集まる東山エリアならではの優美な景観が楽しめる。和紙の照明や襖、漆塗りの工芸品など、日本ならではの繊細な質感を大切に、今の時代が求めるスタイリッシュな美学と機能性を取り入れる。現在10月15日以降の宿泊予約を受け付け中。 フォーシーズンズホテル京都

住所/京都府京都市東山区妙法院前側町445-3

料金/9万1530円~(ルームチャージ/食事なし)

アクセス/JR京都駅より車で7分

「フォーシーズンズホテル京都」の詳細はこちら

ヴィラ ペスカドール/ヴィラ コスタ・デ・マーレ【京都府宮津市】

日本三景の天橋立を望む貸し切りのプール付きヴィラ。

宮津湾を望むヴィラは6名まで宿泊可能。海につながるインフィニティプールが幻想的

木のぬくもりを感じる無垢材を使用したリビングはバリアフリー設計で安心

2016年6月20日オープン

宮津湾を見下ろす絶景の地に、オープンデッキとガーデンプールの付いた2棟のヴィラが誕生。広々したリビングダイニングにはアイランドキッチン、デッキでバーベキューも楽しめる。のんびりバスタブに浸かりながら天橋立も望める。 ヴィラ ペスカドール/ヴィラ コスタ・デ・マーレ

TEL/0120-672-088

住所/京都府宮津市波路405

料金/1泊(1棟貸し切り)5万9400円~

アクセス/京都縦貫道宮津天橋立ICより10分

「ヴィラ ペスカドール/ヴィラ コスタ・デ・マーレ」の詳細はこちら

長楽館【京都府東山】

円山公園の紅葉を見下ろす全6室のオーベルジュ。

ヴィクトリア調のネオ・クラシック様式で造られたフレンチレストラン「ル シェーヌ」

フレンチの基本を大切にした料理の数々。「大倉陶園」で特別にしつらえた美しい食器にも注目したい

フレンチレストランで10年間修業を積み、2013年よりフレンチレストラン「ル シェーヌ」の料理長に就任した橋本和樹氏

「美術の間」。現在はカフェとして使用されている

大きく開けた窓から京都市内や円山公園を望む「パークビューハリウッドツインルーム」

History

煙草王と呼ばれた実業家が造っただけに煙草室も豪華

明治42年(1909年)に、煙草王と呼ばれた実業家、村井吉兵衛が国内外の来賓をもてなすための迎賓館として「長楽館」を建設。国内外の皇族・宮家の他、木戸孝允・大隈重信といった明治の重鎮達が来泊し、大いに賑わった。「長楽館」は初代内閣総理大臣伊藤博文公が命名したもので、大正天皇の御大典(即位式)行事には政府の命により、外国大使一行の宿舎として使用された。昭和61年(1986年)には京都市指定有形文化財に登録されている。

自然の木々に囲まれた大人の隠れ家

京都、東山の一角に、明治の煙草王と呼ばれた実業家が私財を投げ打って創り上げた洋館がある。かつては迎賓館として大隈重信や伊藤博文といった数々の要人が訪れ、華やかさを極めた「長楽館」だ。ルネッサンス調、ロココ調、アールヌーヴォ―といったヨーロッパの様々な様式を自由に取り入れて創り上げられた美の殿堂は、当時「西の鹿鳴館」と評されたほど。昭和に入ってからはその歴史的価値が認められ、調度品も含めて京都市有形文化財にも指定されている。その優雅な空間を活かしてカフェ・レストランとして人々を迎え入れていた「長楽館」だが、2008年には「来賓をもてなすための迎賓館」としての姿を再現すべく、隣接する場所にホテル棟を建設。全6室を備えるオーベルジュとして、新たな歴史を刻むこととなった。夕食をいただくのは「長楽館」本館の1階にあるフレンチレストラン「ル シェーヌ」。天井や壁面を華麗なレリーフが彩り、シャンデリアが煌めく空間は、今も華やかなりし当時の面影を色濃く残す。シニアソムリエが選ぶワインと共に伝統のフレンチを味わいながら、記念日にふさわしい極上の時間を楽しみたい。 長楽館(ちょうらくかん)

TEL/075-561-0001

住所/京都府京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604

料金/1泊2食3万9204円~

アクセス/電車:JR京都駅よりタクシー15分 車:名神高速京都東ICよりR1経由20分

「長楽館」の詳細はこちら

ワインとお宿 千歳CHITOSE【京都府宮津市】

ワインのストックは5万本。美酒と美食に酔いしれる夜。

本館3階のスイートルーム。寝室はベッドタイプで窓の外には天橋立が。本館と別館合わせて全7室ある

美人の湯と評判の天橋立温泉も堪能できる

日本三景のひとつに数えられる天橋立が目の前にある抜群のロケーション

季節の地魚のソテー:魚は漁港で直接買い付けるため新鮮そのもの。ゲストが選ぶワインに合わせて味を調整。

夕食は和洋の枠を超えた創作料理。伊根町筒川名産の手打ちそばが出ることも

メインの和牛ロースト。京都産のA5ランクを使うなど産地とクオリティにもこだわりが

圧巻のワインセラー。フランスで直接買い付けた希少銘柄も

チェックインの手続きをするのは、くつろぎのソファが並ぶ宿泊者専用サロン。窓の外には清らかな水を湛えた運河と廻旋橋の風景が広がっている。やがて運ばれてくるのが、ウェルカムドリンクのワイン。旅の疲れがゆるりと解ける、贅沢な午後のひとときだ。宿名からもわかる通り、ここはワイン好きにはたまらないオーベルジュ。ワインセラーにはオーナーが手掛ける天橋立ワインを始め、世界中から集めた約5万本のワインがストックされる。夕食の料理はワインとのマリアージュを意識したもの。目の前の海で水揚げされたばかりの魚介を中心に、創作料理で丹後の旬を表現する。食後もワインが飲みたければ。ダイニングの一角にあるバーへ。帰宅する必要のない夜くらい、ふたりで美食を存分に味わいたい。

※メニューは一例です。時期によって異なる場合もあります。 ワインとお宿 千歳CHITOSE

TEL/0772-22-3268

住所/京都府宮津市文珠472

料金/1泊2食1万5486円~

アクセス/京都縦貫道宮津天橋立ICより10分

「ワインとお宿 千歳CHITOSE」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

バリアフリーな旅に使えるオススメ!お役立ちグッズ
のんびり♪気ままに!ひとり旅歓迎のおすすめ宿【全国】
紅葉を見下ろす!絶景ロープウェイ6選【東海】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP