ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】ソランジュが自身初の全米首位に、ボン・イヴェールは僅差で2位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビヨンセの妹として知られるR&Bシンガー、ソランジュの3rdアルバム『ア・シート・アット・ザ・テーブル』が、首位デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 姉・ビヨンセが『デンジャラスリー・イン・ラヴ』ソロ・デビューを果たした2003年に、アルバム『ソロ・スター』でデビューしたソランジュ。しかし、姉とは対照的にセールスが伸び悩み、最高位は49位と勢い振るわず、思うような結果が残せなかった。2008年に発売された2ndアルバム『ソランジュ&ザ・ハドリー・ストリート・ドリームス』では一気に飛躍し、最高位9位、R&Bチャートでは3位にランクインするヒットを記録。そして、8年ぶりにリリースされた本作『ア・シート・アット・ザ・テーブル』で、自身初の首位を獲得したのである。

 初動枚数は72,000枚。高セールスとはいえないが、先行シングルが大ヒットしているわけでもなく、姉ビヨンセの新作『レモネード』同様、いわゆるサプライズ・リリースだったため、事前に大掛かりなプロモーション活動をしたわけでもない。それだけに、7万枚突破という数字は快挙といえるだろう。ソング・チャートでも、「クレーン・イン・ザ・スカイ」、「ドント・タッチ・マイ・ヘアー」の2曲が、自身初のランクインを果たしている。

 2位に初登場したのは、ボン・イヴェールの3rdアルバム『22、ア・ミリオン』。【第54回グラミー賞】で最優秀新人賞を受賞したことで人気に火が付き、2011年リリースの2ndアルバム『ボン・イヴェール』に続き、2作連続のTOP3入りを果たした。話題性も高く、本作が首位デビューを果たすであろうと予想されていたが、初動枚数は71,000枚と僅かにソランジュには届かず、僅差で2位となった。首位獲得はならなかったが、ノルウェーで8位、アイルランドで4位、オーストラリア、UK(英国)チャートでは2位と、各国でTOP10入りを果たしている。

 先週の24位から5位へ、一気にランクアップした、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『ザ・ゲッタウェイ』は、ライブチケットを購入すると本作が付いてくるというプロモーションを行い、その売上がアルバムのポイントに反映したため、、再びTOP10入りを果たした。初登場週である7月2日付アルバム・チャートでは、初動枚数118,00枚を獲得したものの、絶好調のドレイクの勢いに及ばず、惜しくも2位デビューだった。

 9位には、ヴァン・モリソンの通算36枚目のスタジオ・アルバムとなる『キープ・ミー・シンギン』が初登場。1967年のデビュー・アルバム『ブロウイン・ユア・マインド』から、来年で50周年を迎えるベテラン・シンガーで、アメリカでは2008年の『キープ・イット・シンプル』で初のTOP10入りを果たし(最高位10位)、本作では通算2作目、自己最高位となる記録を更新した。UK(英国)チャートでは、1990年の『エンライトンメント』で5位をマークしてから、本作で12作目のTOP10入りを果たしている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、12日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『ア・シート・アット・ザ・テーブル』ソランジュ
2位『22、ア・ミリオン』ボン・イヴェール
3位『ヴューズ』ドレイク
4位『スーサイド・スクワッド』サウンドトラック
5位『ザ・ゲッタウェイ』レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
6位『イルミネイト』ショーン・メンデス
7位『デンジャラス・ウーマン』アリアナ・グランデ
8位『ブラーリーフェイス』トウェンティ・ワン・パイロッツ
9位『キープ・ミー・シンギン』ヴァン・モリソン
10位『バーズ・イン・ザ・トラップ・シング・マックナイト』トラヴィス・スコット

関連記事リンク(外部サイト)

10月22日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
10月22日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
ビヨンセの妹ソランジュが新曲2曲のミュージックビデオ公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP