ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タオソフトウェア、Google VR SDK対応のVRアプリ「プラネタリウムVR」をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タオソフトウェアは 10 月 11 日、Google VR SDK で開発されたプラネタリウムの VR アプリ「プラネタリウム VR」をリリースしました。「プラネタリウム VR」は、スマートフォン単体または Cardboard などの VR ヘッドセットで楽しむことのできるプラネタリウムアプリです。アプリ起動時には、ノーマルモードと VR モードを選択することができ、ノーマルモードを利用するとスマートフォンを空にかざすだけで見渡すだけで星や星座を映し出しますアプリでは 3,000 個以上の恒星と 88 種類の星座の表示をサポートしており、スマートフォンの GPS とセンサーを活用してユーザー位置から見える星空と星座を表示します。また、夜間外での利用のために夜間モードも搭載しています。「プラネタリウム VR」は先日リリースされた Google VR 1.0 に対応しているので、今後発売される Daydream View でも使用可能と見られます。「プラネタリウム VR」(Google Play ストア)

■関連記事
北海道 / 関東 / 近畿の郵便局でも10月21日よりIIJのスマートフォンセットが販売
LINE、10秒ループ動画を撮影・投稿できるSNSアプリ「LINE Moments」をリリース
カスペルスキー、Android Wearとの連携機能を追加した「カスペルスキー セキュリティ 2017」を10月13日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP