ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】マット・デイモン、映画『The Great Wall(原題)』のトレーラーで戦闘能力を証明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マット・デイモンが、10月8日(現地時間)に解禁された映画『The Great Wall(原題)』のトレーラーの中で、闘う価値のある戦争に参戦している。

物語の内容をより詳しく明かすトレーラーは、中国の万里の長城への攻撃を中心に描いている。あるシーンでは、デイモンが識者や見物人たちに、自身の戦闘能力を証明する様子が描かれる。彼は複数の矢をビームのように放ち、椀が地面に落ちる前に静止させ、バランスを取ってみせる。

新トレーラーの中でデイモンは、「私は自らの欲と神々のために戦ってきた。これは私にとって初めて、闘う価値がある戦争だ」と述べる。

チャン・イーモウが監督を務める本作には、ペドロ・パスカル、ウィレム・デフォーが、アンディ・ラウ、チャン・ハンユー、エディ・ポンら中国人俳優たちと共演。本作は、レジェンダリー・エンターテイメントのレジェンダリー・イースト・オペレーションが手掛けた最初の作品である。

デイモン演じる主人公のステレオタイプな「白人の救世主」としての立ち位置について、本作は批判を向けられてきた。女優のコンスタンス・ウーは、「私たちは、白人の男だけが世界を救うことができる、という人種差別主義者的な神話を持ち続けるのをやめなくては……私たちの英雄は、マット・デイモンのような見た目じゃない」とキャスティングを批判していた。

その後、イーモウ監督はエンターテイメント・ウィークリーによるインタビューの中で、この批判に反論。彼は「マット・デイモンは、中国人のために作られたキャラクターを演じているわけではない。物語において、彼が演じるキャラクターの登場は、重要なプロット・ポイントなのだ。我々の物語には、彼のほかにも5人の主たる英雄が存在し、彼はその一人にすぎない。他の4人は、全員が中国人だ」と発言している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP