ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヘルシーなのに「もったり感」がクセになるチョコムース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食べたい気持ちをガマンして、ガマンしてのダイエット……、それでも食べたいときにつくって欲しいスイーツがこれ。アボカド、バナナ、ココアだけでチョコレートムースが再現できるんです。しかも濃厚。あ、これアボカドのおかげなんですけどね。

生クリームをアボカドで代用
もったりなのにヘルシームース

もったりした濃厚さを演出するのは、アボカドの油分。脂質を多く含むアボカドは、つぶすことでなめらかに。この特徴を活かすことで生クリームを使わなくたって、あの濃厚ムースそっくりの味わいが生まれます。

これにバナナを合わせれば、自然な甘みがさらにプラス。ガマンしなくていい絶品スイーツのできあがり。

ところで、脂質と聞くとダイエットの敵だとか、太りそうなイメージがあるかもしれません。けれど、アボカドに含まれる脂質はコレステロールを減らすほか、血液をサラサラにする働きが期待できるスグレモノ。

さらに、さらに。

加熱せず、酵素もとれるロースイーツ

小麦、卵、砂糖、乳製品を一切使わず非加熱でつくるこのムース。つまりは話題のロースイーツという訳。食べものが本来もつ酵素を効率よく摂取でき、代謝アップにより免疫力の向上や、逆にダイエットも期待できる!かも。

最後につくりかたを。

アボカド半分とバナナ1本は皮をむいてボウルに入れ、マッシャーでなめらかになるまでつぶしたら、ココアパウダー大さじ1を加えて混ぜる。これだけ。さらになめらかにしたい場合は裏ごしをおすすめします。

関連記事リンク(外部サイト)

白玉で作れる「もちもち、とろ〜り」なチョコ餅がクセになる!
究極のヘルシー丼「ブッダボウル」が、西海岸でブーム!
今、大注目の「アボカドスイーツ」基本技を紹介!これだけ覚えておけば、アレンジは自由自在

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP