ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猫のまなざし~画家 吉井美穂インタビュー~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、白猫と黒猫の記事でご紹介いたしました、画家の吉井美穂さん。
個展を控えているということで、お忙しい中でしたが、作品についてお話を聞かせてくださいました。

写実的でありながら、人物、動物の持つあたたかみ、優しさを表現している吉井さん。
絵を描く上で一番心掛けていることは対象のまなざし、というだけあって、くもりのないまっすぐな瞳の動物たちは、ファンからも人気の高い作品です。
自分が感じ取った「気持ち」も絵に込めているそうですが、見る人が何を感じるかは自由、と語る吉井さん。
そんな心の広さが、さらに絵全体をやさしい雰囲気にさせているのかもしれません。

心から絵を描くことを楽しんでいるように見える彼女も、絵を描くこと、描き続ける上でたくさん悩んできた、とのこと。
特に、自分が描きたいものと求められている絵のジャンルに長い間悩んでいたそうです。
「本当は抽象画が好きなんです」と語る彼女を見て、彼女が描く抽象画はどんな作品になるのだろう、と、わたしはワクワクしてしまいました。
今は、写実的な絵を描きつつ、抽象的な絵も自然に描ける時がやってきそう、と、前向きです。

猫の絵を描くようになったのは、職場の人のペットを描いたのがきっかけだったそうです。
ただ、目で見たそのままを描くのではなく、飼い主の気持ちもなんとなくからめて、すっと表現できる吉井さんの絵は、確かにペット画に向いているのかもしれません。
ご本人もとてもやわらかで話しやすい女性で、友人知人が多いのも頷けます。
縁を大切に生きているからこそ、描ける絵なのかもしれませんね。

インタビューの日、個展のお知らせをいただきました。
場所は岡山にあります「招き猫美術館」。
猫好きさんにはなんとも興味深い美術館ですね。
個展会場である展示室Ⅲのみでしたら入場無料ですが、せっかくなのでお越しの際は本館も是非ご覧いただきたいと思います。
今年から雑貨販売も本格的に始めた吉井さん。心を込めてデザインした雑貨も、展示会場に並びます。
先日ご紹介したコラボ作品、シロとクロシリーズも並べていただけることになりました。
開催期間は3週間と長めですので、機会がありましたら是非お立ち寄りください。

吉井 美穂 展
2016年10月13日(木)~11月3日(木)
10:00~17:00(最終日は16時まで)
会場:招き猫美術館
701-2151 岡山県北区金山寺865-1
www.manekineko-m.jp

10月16日(日)15:30より、ご本人によるギャラリートークがございます。

The post 猫のまなざし~画家 吉井美穂インタビュー~ appeared first on にゃんこマガジン.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP