ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎日を健康的に過ごす、5つの「ちょっとした習慣」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今年こそは健康に気をつかおう」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは毎日をこなすことに追われて、つい無理をしがちです。

でも、いつまでも無理がきくわけではありません。「Inc.」の人気ライター、jeff Haden氏が紹介している「健康のためにできる、5つの簡単な習慣」をチェックしてみましょう。

01.
毎食20分前に水を飲む

水分が不足している人は多いそうですが、一気にたくさん飲もうとするのではなく、まずは食事の20分前に水を1杯飲むことから始めてみませんか?

レストランだったら入ってからすぐに水を一杯飲めばOK。これなら簡単に始められそうですね。いつもより空腹が和らぎ食べすぎも防げるので、一石二鳥。軽度でも脱水は気分を落ち込ませてしまう、というレポートもあります。マメに水分をとる習慣をつけましょう。

02.
1日1食は
健康的な食事を

すべての食事を健康的にするのはハードルが高くて挫折しそうですが、1食なら!

たとえば、仕事でひとりで食べることになりがちなランチだけでも健康的なものに代えてみては?タンパク質や、不足しがちな野菜・果物をとり入れてみるのがオススメです。健康的な食事は午後もしっかり働くための活力になり、仕事にもいい効果が期待できるかもしれません。

03.
素早く歩く習慣をつける

健康的で軽めな食事を済ませたら、空いたお昼の時間でウォーキングをするのはいかがでしょうか。

15〜20分歩くだけでも十分な運動になるし、ストレスも軽減、オフィスに戻ったときにも気分がいいはずです。これだったら、わざわざ運動のためにスケジュールを空けなくても日常にちょっとだけ運動を取り入れられます。

04.
人のために何かをする

「情けは人のためならず」と言いますが、誰かを助けることは自分の心の健康や、長生きにまでつながるそうです。ボランティアがコレステロールを下げるという研究結果もあるほどです。

実際のボランティア活動に参加するのは大変ですが、仕事の席でのお手伝いだったらどうでしょう?文房具を貸してあげる、荷物を持っている人のためにドアを開けてあげる、といったほんのちょっとした手伝いでいいのです。

少しのことで、自分も相手も、いい気分になれます。人間関係にもきっといい影響があるはずですよ。

05.
早めに寝て、早く起きる

人には7時間〜8時間の睡眠が必要だと言われていますが、なかなか守るのは難しいですよね。だから、思い切って早く寝てしまいましょう。

日の照っている時間に起きていたほうが、体内のビタミンDがたくさん作られるようになります。ビタミンDは自己免疫疾患や感染症などの抵抗力を高めてくれます。

できるだけ早寝を心がけて、日の出とともに起きられるようにしましょう。早起きをすると有効に使える時間が増え、ビジネスもはかどるようになるでしょう。Licensed material used with permission by Jeff Haden

関連記事リンク(外部サイト)

毎日を楽しく過ごしている人「13の習慣」
ルールを無視しているのに、健康的な人に共通する「7つの習慣」
ムリに運動しなくても「健康的な暮らし」を手にいれる5つの工夫

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP