体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎日を健康的に過ごす、5つの「ちょっとした習慣」

生活・趣味
毎日を健康的に過ごす、5つの「ちょっとした習慣」

「今年こそは健康に気をつかおう」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは毎日をこなすことに追われて、つい無理をしがちです。

でも、いつまでも無理がきくわけではありません。「Inc.」の人気ライター、jeff Haden氏が紹介している「健康のためにできる、5つの簡単な習慣」をチェックしてみましょう。

01.
毎食20分前に水を飲む

毎日を健康的に過ごす、5つの「ちょっとした習慣」

水分が不足している人は多いそうですが、一気にたくさん飲もうとするのではなく、まずは食事の20分前に水を1杯飲むことから始めてみませんか?

レストランだったら入ってからすぐに水を一杯飲めばOK。これなら簡単に始められそうですね。いつもより空腹が和らぎ食べすぎも防げるので、一石二鳥。軽度でも脱水は気分を落ち込ませてしまう、というレポートもあります。マメに水分をとる習慣をつけましょう。

02.
1日1食は
健康的な食事を

すべての食事を健康的にするのはハードルが高くて挫折しそうですが、1食なら!

たとえば、仕事でひとりで食べることになりがちなランチだけでも健康的なものに代えてみては?タンパク質や、不足しがちな野菜・果物をとり入れてみるのがオススメです。健康的な食事は午後もしっかり働くための活力になり、仕事にもいい効果が期待できるかもしれません。

03.
素早く歩く習慣をつける

毎日を健康的に過ごす、5つの「ちょっとした習慣」

健康的で軽めな食事を済ませたら、空いたお昼の時間でウォーキングをするのはいかがでしょうか。

15〜20分歩くだけでも十分な運動になるし、ストレスも軽減、オフィスに戻ったときにも気分がいいはずです。これだったら、わざわざ運動のためにスケジュールを空けなくても日常にちょっとだけ運動を取り入れられます。

04.
人のために何かをする

「情けは人のためならず」と言いますが、誰かを助けることは自分の心の健康や、長生きにまでつながるそうです。ボランティアがコレステロールを下げるという研究結果もあるほどです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会