ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープ、Android 7.0やSnapdragon 435を搭載した「FS8005」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 7.0 Nougat を搭載したシャープブランドのスマートフォン「FS8005」が GFX Bench の公式サイトに掲載されました。台湾向けに開発されたシャープ製品のうち、AQUOS M1 は FS8001、Sharp Z2 は FS8002 の型番だったので、今回の FS8005 は新機種と見られます。型番的に海外モデルです。GFX Bench の掲載情報によると、FS8005 は 5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 435 1.4GHz オクタコアプロセッサ(Adreno 505)、2.8GB RAM、9GB ROM、背面に 1,200 万画素カメラ、前面に 700 万画素カメラを搭載しています。スペック的にはミッドレンジモデルと言えますが、Snapdragon 435 端末なので、性能は既存の Snapdragon 410 / 425 端末よりもは良いと思われます。Source : GFX Bench

■関連記事
Pixel / Pixel XLのGoogle AssistantがNexus 6PなどのAndroid 7.0端末に移植される
Xperia XZ / X CompactのSTAMINAモードでは節電度合いを指定可能
最新のPixelランチャー 7.1がダウンロード可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP