体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無痛分娩のはずが…!陣痛の痛みMAXなのに麻酔医が今来られないって、どういうこと!?  byさとえみ

前回までのざっくりとしたあらすじ…

キラキラ産婦人科医:「麻酔はどうしても痛みに耐えられなくなった時に打つもの」

「予約をしなくても麻酔は打ってもらえる(麻酔科医は常駐している?)」

「心配すんな」

初産なワタクシ:「ま、まじでそんなに適当でええんか?しかし医師の言葉やし…」 前回エピソード:とりあえず無痛で?予約不要?費用は知る必要なし?不安だらけのベルギーの無痛分娩事情 byさとえみ

f:id:akasuguedi:20161005192626j:plain f:id:akasuguedi:20161005192639j:plain f:id:akasuguedi:20161005192656j:plain f:id:akasuguedi:20161005192713j:plain f:id:akasuguedi:20161005192727j:plain f:id:akasuguedi:20161005192743j:plain f:id:akasuguedi:20161008061745j:plain

…ベルギーに来たててあることと初産だったのと、そして生来の「言葉の額面通りを信じ込む」という性格のおかげで悲劇が起こった。

そう、私は産科医の言葉の通り、痛みの限界マックスまでガマンをし、それから麻酔の先生を呼んでしまったのである。 この産科医の他エピソード:かなりスパイシーなベルギー医療の洗礼!?キラッキラの医師が告げた不安な真実 by さとえみ

初めから痛みとともに出産するという覚悟をもって陣痛を耐えるのと、覚悟ナシで挑むのとではかなりメンタル的に違っていて、私は海で突然溺れた人のように「無痛のハズが」「無痛のハズが」とつぶやきながら痛みを逃がしきれずにバタバタした。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。