ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新感覚蕎麦店「蕎麦DAYS」カレーぶっかけ蕎麦は、スープカレーとカツカレー、蕎麦が融合した一品【新潟】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新潟市西区には、新感覚の蕎麦を提供してると話題のお店があります。

今回ご紹介するお店は「蕎麦DAYS」というお店です。

こちらのお店の店主は、老舗蕎麦店等で修行を積んだ後、この「蕎麦DAYS」をオープンしました。

老舗店で学んだ基本を活かしつつ、新しい発想で、一風変わった変化を加えています。

店内は綺麗で落ち着いた雰囲気となっています。

期間限定で創作意欲あふれる各種メニューを提供しています。

十割蕎麦も数量限定にて提供しています。

新しい発想で生まれた各種の蕎麦

話題の一品がこちら。

▲スパイシーカリーつけ蕎麦 肉ベジ(1,026円)

蕎麦にカレースープがたっぷりと絡みついてきます

タイトル通りにスパイシーな味わいのカレーは、単に辛いだけでなく、コクがあり丸くまろやかな味わいです。

カレーには数種のスパイスを使用していて、それだけだと辛さだけで深みがなく食べにくいものになってしまうので、あめ色になるまで炒めた玉ねぎに豆乳を加えミキサーにかけたものを加えているのだとか。

もう一品はこちら。

▲冷つゆ つけ蕎麦 肉ベジ(918円)

パっと見、普通の蕎麦が具沢山な感じに見えますが、食べてみると、つゆのピリっとした辛さに驚きます。

辛さの秘密は「特製旨辛オイル」と呼ばれる辛味油です。

天かすと温玉がサービスでやってきます。

温玉はまろやか感、天かすはコクと食感の変化を与えてくれます。

そしてテーブル調味料で味の変化を楽しめます。

八味とうがらし、ラー油、激辛カレースパイスの3種が置いてあります。

激辛カレースパイスは激辛な為、入れ過ぎ注意です。

そして、蕎麦店といえばコレ。

蕎麦湯。

つゆやカレースープを薄めたり、または、そのまま楽しんでも良いでしょう。

サイドメニューとしては、蕎麦店の定番品のこちらもおすすめです。

▲天ぷら(648円)

サクっとした食感がたまりません!

蕎麦つゆに合うのはもちろんの事、カレースープにつけて食べるのもまた面白いかもしれませんね。

こだわりの仕込みや提供作業

蕎麦はもちろん自家製です。

蕎麦粉とつなぎを6:4の割合で使用しているとのこと。

つなぎが多めという事もあってか、コシの強さ、弾力感があります。

印象的な味のつゆに負けない歯応えのあるそばです。

出汁は、2種の鰹厚削り節、ソウダ節、サバ節を使った魚介系です。

ここに2種の醤油、ミリン砂糖を用いたカエシを合わせます。

2種類の醤油のうち、1つはこちらの醤油を使用しています。

新潟県村上市にある「のざわ」という醤油蔵が作る醤油です。

うま味とほのかな甘味が醤油の風味を際立たせ、醤油のみでも美味しいと感じさせる一品です。

この醤油を使うことで深みある味わいを実現しています。

丁寧な作業が光る提供作業

上記2杯に続き、オリジナリティあふれる一杯を注文し、提供作業を見学させてもらいました。

まずは、釜に蕎麦を入れます。

1分茹でます。

流水で荒熱を取ります。

そして、次に冷水でシメます。

こうする事で蕎麦に強い歯応えが出てきます。

水でシメた蕎麦をテボに移し……

軽く湯煎します。

同じ温かい蕎麦でも、一旦水でシメるかどうかで歯応えに大きな差が出てきます。

ラーメン店のつけ麺のあつ盛りなどでも、こだわっているお店は、一旦水でシメてから温めるこの手法を使っています。

美味しい一杯を提供するには、こうした一手間を惜しまない事が重要なのでしょうね。

湯切り。

同時進行でカツを揚げていました。

カレーつけダレは一杯ずつ手鍋で温めます。

こうする事で、加熱により煮詰まる事と劣化を防ぎます。

茹でた麺にカレースープを注ぎます。

盛り付け。

そして出来上がり!

▲カレーぶっかけ蕎麦(1,134円)

先ほどのスパイシーカリーつけ蕎麦のぶっかけ版です。

そこにトンカツがのり、まるでカツカレーのようですね。

カレー蕎麦とカツカレーが融合したような、独特の発想な一杯かなと思います。

ちなみに、カツには新潟県産の「越乃黄金豚」を使用しています。

肉のうま味に加え、カリッとした揚がり具合が、カレースープとの相性抜群でした。

基本の天かす、温玉に加え、このぶっかけ蕎麦にはパンがついてきます。

余ったカレーつけダレにパンをつけて食べると、パンとカレーの絶妙な組み合わせを楽しむ事が出来ます。

お酒も充実!

そして、お酒のラインナップも充実しており、米処新潟の地酒を提供しています。

久須美酒造の「清泉 七代目」、八海山の「越後で候」 や、

そば焼酎なども。

新感覚な蕎麦を提供しているお店「蕎麦DAYS」

ぜひ一度、オリジナリティあふれる各種創作蕎麦の魅力を堪能してみ下さい!

お店情報

蕎麦DAYS

住所:新潟県新潟市西区寺尾10-33

電話番号:025-378-0706

営業時間:11:00~21:00

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

ウェブサイト:http://www.sobadays.com/

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:新潟ラーメン.com

新潟県内のラーメンを紹介するHPを運営しています。

サイト内では、仕込みに密着しお店のこだわりを紹介するインタビューや、新店情報、限定メニュー告知、クーポンの掲載などを行っています。 HP:http://noodles.bbshin.net/

Facebook:https://www.facebook.com/niigataramencom/ Twitter:https://twitter.com/bbshin_t

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【タベアルキスト】『つくりびと 食べる通信 from おおさか』 能勢栗【銀寄】~食べる通信を食べてみる 8食目!
幻の「お好み焼きの天ぷら」を求めて【大阪】
これラーメンじゃないの!? カルボナーラの概念を超える「sketch.」の創作ガツ盛りカルボナーラ【京都】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP