ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

James Bay ギター始めたきっかけはあの名曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「FALKEN MEMORY TUNES」。10月8日のオンエアは、James Bayさんに思い出の一曲を伺いました。

オンエアでは「Best Fake Smile」を聴きながら「『最高の作り笑顔なんて、俺には見せなくていいんだから』だなんて、Bayさんの曲は深いです!」とノリノリのハリー。James Bayさんとは「SUMMER SONIC 2016」の舞台裏でインタビューを行いました。

そして選んだ一曲はEric Claptonの「Layla」だそうです。James Bayさんによると「この曲を聴いたのがきっかけで、ギターをプレイし始めた。みんなも聴いてほしい」とのこと。

James Bayさんと話をしていく中で、ハリーが特に印象に残ったのは「『Move Together』は、若干、別れに向かっている二人が関係性を取り戻そう、ベッドの中では喧嘩しないように頑張ろうとしている。でも結局は別れてしまう…というような、”お別れソング”として捉われてしまうことについて、しっくりきていない」という話だったそうです。

そのインタビューの時間が「男同士、バーでお酒を飲みながら、昔の失恋に関して熱く語り合ったみたいな3分を過ごせて、この曲の新しい意味を感じることができました」とハリー。

また、彼の曲の中でも「Move Together」についてハリーは、聴く度に心に沁みて、おだやかな風が吹いている気持ちになるそう。この日のトークはJames Bay愛で溢れていたハリーでした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP