体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

”最進形あがた森魚サウンド”誕生 ニュー・アルバム『近代ロック』発売決定

エンタメ
”最進形あがた森魚サウンド”誕生 ニュー・アルバム『近代ロック』発売決定

あがた森魚のニューアルバム『近代ロック』が11月16日(水)に発売されることが決定。

“浦島三部作”(2014年『浦島64』、2015年『浦島 65BC』『浦島 65XX』)に続く”最進形あがた森魚サウンド”が完成した。

1年1枚ニューアルバム・という、あがた森魚の2010年代計画も折り返し。昨年は、浦島三部作(14年『浦島64』、15年『浦島 65BC』『浦島 65XX』)の完結で、自身の音楽の原点であるフィル・スペクターとボブ・ディランにサヨナラし、新たなスタート地点に立ったあがた森魚。今作は、2001年『佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど』以来15年振りにサウンド・プロデューサー鈴木惣一朗(WORLD STANDARD)を迎えた作品。その創作活動における精神的なタフネスは「15年経って、むしろパワーアップしています」と鈴木が語るように、あがた森魚の詩歌の世界はまた一歩飛躍したようだ。

——————————————————————————–

過去でも未来でもない近代と銀河と音楽と……

僕らを取り巻く宇宙は、近未来でも近過去でもなく、
結局は・近代銀河・としか認識できないのではないか……
つまり、天体観測も宇宙旅行も希望に満ちた未来探しの
ようだけれど、実は僕らが見ているのは、光速で届くやや
過ぎ去った現像で、それを僕らは現在形の出来事として
認識し、そこに思いを馳せたり夢を抱いたりしてるのだ
という、実に単純なことだ。太陽や太陽系、ケンタウルス
や銀河系、そしてそれらを包む宇宙の虚空から受けている
恩恵や啓示に、感謝と愛情を込めて返したい。
そんな気持ちでつくりあげたのが、この一枚だ。――あがた森魚

——————————————————————————-

アルバムを引っ提げて、レコ発ツアー〈『近代ロック』リリース・ツアー 2016〉を開催、名古屋、京都、東京でそれぞれライヴが行われることも決定している。現在、特設サイトでは、特典付CD+チケットの先行販売も行われている。(岡本)

・特設サイト
http://bridge-inc.net
・あがた森魚の作品はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/3194

あがた森魚
『近代ロック』
2016年11月16日発売
レーベル:BRIDGE inc. / Qpola Purple Hz
■収録予定曲目(曲名はすべて変更の可能性あり)
1.パーティーは、もうお終い
2.銀河渓谷キュービック
3.僕はビーチコム
4.宇宙で遊ぼう(夜空の港)
5.ケンタウルス祭の夜(α星ヴァージョン)
6.太陽圏サヨナラ
7.猫の背中をなでている(猫のしっぽをなでている)
8.帰ろかな、夜空を。
9.土星の輪っかで
10.夜明けのラジオ
11.ケンタウルス祭の夜(β星ヴァージョン)
12.火星、さそり、ボルケーノ

プロデュース/作詞/作曲:あがた森魚
サウンド・プロデュース:鈴木惣一朗(WORLD STANDARD)
参加ミュージシャン:WORLD STANDARD
鈴木惣一朗(E.G, A.G, Mand, Dr, Perc, Chorus)
安宅浩司 (E.G, A.G, Banj, Pedal Steel, Chorus)
伊賀 航(Cb, E.B, Deep Impact)
田中佑司(Key, Vib, Pianica, Dr, Perc, Chorus)

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会