体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人なら一軒は欲しい「マスター、いつもの」と言えるバー。熟練バーテンダーに男が飲んでカッコいいカクテルを聞いた【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20160928110817j:plain

こんにちは。メシ通レポーターのあずま梓です。

あなたには、「行きつけのバー」はありますか?上司に叱られた日も、プレゼンに勝った日も、恋人と別れた日も、行って話したくなるマスターのいる、馴染みのバーって良いものです。

いつだって、黒服のバーテンダーは優しく微笑み、努力を労い同情し、ほめてくれ、叱咤激励し、泣いていたら気づかぬフリ。その時まさにそうして欲しいように、立ち居振る舞ってくれます。空気を読めるバーテンダーの接客ほど、労働者をいやすものがあるでしょうか。

今回は、心地よい適度な距離感で、でも気さくに話せる、気軽だけれど肩の凝らないそんな素敵なバーに伺いました。わたしがかれこれ20年、うれしい日も悲しい日も立ち寄っては日々の重荷を降ろし、明日への活力をチャージしているお店です。

f:id:mesitsu_lb:20160928110848j:plain

こちらが、そんなジガーバー・ラグタイムの田中和久マスター。この場所で独立してはや20年の大ベテラン。当時からの常連客もいれば最近通い始めた若者も多く、週末ともなると幅広い年齢層のお客さんでカウンターはいっぱい。一人で来たお客さんも、周囲の常連客とすぐに仲良くなって、盛り上がっています。

テーブル席も広く、パーティや二次会利用の予約も多いお店です。

さて田中さんにご質問です。

──最近、男性がよく飲むお酒はどんなものですか?

「バーボンをロックで飲む人は昔から多いけれど、最近はあまりお酒独特の香りのきつくないものが好まれる傾向にあって、ウイスキーを避けてカクテルを飲む男性も、増えてきましたよ」

──男性が飲むカクテルと言えば、やはりカッコよくマティーニかな?

「それが、最近マティーニよりずっと良く出るカクテルがあるんです」

えっ、“カクテルの帝王”マティーニ超え! それはどんなカクテル!? いや、ちょっと待って。答え合わせは早すぎても面白くありません。

──それでは、お店で男性に人気のカクテルを、マスターのおすすめ順にいくつか紹介していただけますか?

「分かりました。じゃあ、五つほど」

題して、

「ベテランバーテンダー推薦! バーで男性が頼むと格好いいカクテルBEST5」

じゃじゃんっ!

第5位:ハイボール(700円)

f:id:mesitsu_lb:20160928114707j:plain

オーダー数では断トツの第1位だそうですが、カッコ良さでは5位。

理由は「最近は、バーでなくても飲めるようになったから」。でももちろん、熟練のバーテンダーが作るハイボールは、分かる人には歴然とその違いが分かるものです。中には「この人の作るハイボールが最高」という「推しバーテンダー」のいる人もいますね。

このお店は、元がサントリー系列店だったこともあり、特に指定のない場合サントリー「リザーブ」を使用しています。もちろん、銘柄を指定することもできます。

ちなみにわたしは、田中さんにすすめられて、20歳の頃からトリス一択です。当時は周囲のオジサマ方から「渋い酒を飲んでるね」「トリス、懐かしい」とさんざん言われたものですが、時代は変わるものですね。レモンピールとの相性が抜群で、何杯でも飲めてしまいます。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。