体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「暮らしと女性目線」をテーマに北欧ヴィンテージ家具・小物が約100点が集結!

生活・趣味
classic_furniture_collection_2016_001

ウェグナーからアノニマスなものまで

2016年10月13日(木)から12月26日(月)まで、東京・新宿のノルディックフォルムにて、「CLASSIC FURNITURE COLLECTION 2016 気持ちの良いカタチの集まるところ」が開催されます。

北欧の上質な暮らしを発信するショールーム・ノルディックフォルムが、毎年この時期に開催している恒例イベント。北欧デザインの黄金期と言われる1950~60年代のものを中心に、巨匠デザイナー・Hans J. Wegner(ハンス・J・ウェグナー)によるものからアノニマスなものまで、「日本の住まいに調和する」ことを念頭に現地で厳選したヴィンテージ家具と小物類、約100点が並びます。

今回のコンセプトは「女性目線と暮らし」。女性らしい優しさや柔らかさを感じさせる家具が登場します。デンマークの女性の「一生もの」とされたソーイングテーブルや、「レディースライティングデスク」と呼ばれる小振りなデスク類や伸長式のダイニングテーブル、入れ子式のネストテーブルなど、日常の使い勝手の良さも重視した家具が紹介されます。

小物は、デンマークを代表する名窯・ロイヤルコペンハーゲンとBING & GRøNDAHL(ビングローグロンダール)の稀少なプレートも入荷。コレクター必見の展示となっています。

大切に使われ時を経てきた家具や小物が持つ上質さを、ぜひ間近で感じ取ってみてください。

classic_furniture_collection_2016_002 classic_furniture_collection_2016_006 classic_furniture_collection_2016_003 左:「ソーイングテーブル」細々したものを仕舞う引き出しと編み物などを納めるバスケット付き。
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会