ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜかいつも「疲れている」なら、毒出しごはんでリセット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

なぜかいつも「疲れている」なら、毒出しごはんでリセット!

どれだけ眠っても眠い、肩がこる、タバコをやめたい…。生活習慣に関する悩みの原因は、ほとんどがカラダに蓄積している「毒素」によるものだと言われています。そこで紹介したいのが「アーユルヴェーダ」の知識に基づいた食事法です。毒素とは、簡単に言えば「未消化物」のこと。

蓮村誠さんの著書『毒出しごはん』から、生活習慣の悩みを改善する食事法を学び、「毒素」をカラダから排出して、不調を改善してみましょう。

01.
寝ても寝ても眠い
→ドライフルーツ

なぜかいつも「疲れている」なら、毒出しごはんでリセット!

消化力が弱くなると、カラダに毒素がたまりやすく、重くだるい状態が続きます。「寝起きが悪い」「昼食のあと必ず眠くなる」とお悩みの人は、まず消化が弱っているとみてよいでしょう。消化力を正常にするためには、夕食を軽めにして、消化しにくい食品を控えるようにしましょう。

とくに気をつけたいのが、食後のデザート。砂糖や小麦粉は消化しにくく、胃に大きな負担がかかってしまいます。食べるとしたら、昼食後〜夕食前にドライフルーツをつまむ程度がおすすめです。

【キクごはん】
消化のよいもの、ドライフルーツ

【NGごはん】
乳製品(チーズやヨーグルトなど)、砂糖を多めに使用した甘いもの、揚げもの、チョコレート、ナッツ類、小麦粉製品全般(パン、パスタ、うどんなど)

02.
疲れが取れない
→ホットミルク、完熟フルーツ

疲れているときは消化力も弱ってしまうので、胃に負担をかけない工夫をして、ヴァータ(※2)を整えましょう。夜遅くの飲食は避け、白湯を飲む習慣をつけるのも有効です。

また消化しやすく栄養があり、オージャス(※5)に満ちたものは、疲れが取れやすいとされています。とくに、生のハチミツ(加熱しない)、ホットミルク(空腹時)、完熟フルーツ(夕方の空腹時)の3つは短時間でオージャスになれるので、それぞれ単独で摂りましょう。

【キクごはん】
鶏肉、しらすなどの小さい魚、旬の野菜を煮込んだスープや鍋、加熱していない生のハチミツ、ホットミルク、完熟フルーツ

【NGごはん】
牛肉、豚肉、魚介類、揚げもの、乳製品、生で冷たいもの(刺身やサラダなど)、パスタ

 03.
目が疲れる・視力の低下
→アーモンド

なぜかいつも「疲れている」なら、毒出しごはんでリセット!

疲れ目や、視力の低下にはアーモンドを食べるとピッタ(※3)のバランスが整い、活性化します。アーモンドは油で揚げたり塩をまぶしたものではなくローストしたもので、食べる1時間前くらいから水につけて、茶色い薄皮をむいたものを1日3〜4粒食べると効果的です。

目と脳は直接つながっているので、目の疲れは脳の疲れともいえます。脳が疲れるとチョコレートなどの糖分を摂る人もいますが、これはカパ(※4)やピッタを乱すので要注意。加熱していないハチミツをスプーン1杯舐めるか、ギー(※6)を料理に使うと脳がリラックスします。

【キクごはん】
アーモンド、アーモンドオイルで調理したもの、生のハチミツ、ギーを使った料理

【NGごはん】
砂糖たっぷりのもの(ケーキ、アイスクリーム、チョコレート)

 04.
運動不足
→ネバネバ食品やアイスは
避けましょう

納豆などのネバネバ食品、アイスクリームなどの冷たくて甘いもの、乳製品、白米、小麦粉全般などの食品は、カパ(※4)の質を多く持っているので、運動不足を自覚している人は控えましょう。また、ヤギなどの標高の高いところに生息する動物の肉よりも、平地にいる牛や豚の肉、アンコウなどの深海魚は「カパ度」が高いので注意が必要です。

正しい運動の定義は、毎日、うっすら汗をかく程度がベスト。朝方に散歩をすると、1日の活動への意欲がわくという意味でも非常に理想的です。

【NGごはん】
カパ度の高い肉や魚、ネバネバ食品、アイスクリームなどの冷たくて甘いもの、乳製品、もっちりとした白米、小麦粉全般

 05.
肩こりを解消したい
→夕方に温かい飲み物を

なぜかいつも「疲れている」なら、毒出しごはんでリセット!

首や肩がこるのは、ヴァータ(※2)の乱れが原因。不規則な生活習慣や移動の多いスケジュール、騒音や空気の悪さといったストレスフルな生活はヴァータの大敵なので、マッサージで一時的にしのぐだけでは足りません。

根本から改善するために規則正しい生活、カラダを冷やさないこと、リラックスする時間をつくることが大切です。夕方に温かい飲み物やドライフルーツなどを用意して休息しましょう。

【キクごはん】
ドライフルーツ
・食事の前に少し目を閉じ、落ち着いてから食べはじめる
・「ながら食い」をしない
・20〜30分かけてゆっくりと食べる
・よく噛んで食べる
・食後に5〜10分の休憩をとる
・休憩後、消化を促すために10分ほどの軽い散歩をする
・毎食、極力規則正しい時間に食べる
・できたての温かいものを食べる

【NGごはん】
生もの、牛肉、豚肉、脂ののった魚、揚げもの、冷たいもの

 06.
タバコをやめたい
→生のハチミツ

なぜかいつも「疲れている」なら、毒出しごはんでリセット!

禁煙をしようとする人は、ストレスがたまり、イライラします。それをしずめるためには、アメやガムではなく、生のハチミツを舐めましょう。1日にティースプーン3〜4杯くらいで大丈夫。オージャス(※5)にあふれた生ハチミツの純粋な甘さが、ストレスを緩和してくれます。

タバコがやめられないという自分の意思の弱さを責めるとドーシャ(※1)が乱れるので、そのバランスを整えるためにも、温かいできたての食事と規則正しい生活を心がけてください。一方で甘いものの過剰摂取は禁煙に適さないのでやめましょう。

【キクごはん】
ドライフルーツ(とくにレーズン、イチジク)、カボチャの種、生のハチミツ

※1 ドーシャ:人の体質や性格を決める3つのエネルギー(ヴァータ、ピッタ、カパ)
※2 ヴァータ:落ち着きがなく冷えやすい人はこのエネルギーが強い
※3 ピッタ:短期で炎症を起こしやすい人はこのエネルギーが強い
※4 カパ:内向的でむくみやすい人はこのエネルギーが強い
※5 オージャス:生き生きとした生命エネルギー
※6 ギー:無塩バターを精製して、たんぱく質と水分を取り除いた純粋な油

なぜかいつも「疲れている」なら、毒出しごはんでリセット!『毒出しごはん』著:蓮村 誠 (総合法令出版)

疲れがとれない、肌が荒れる、漠然と不安になる……日常で感じる不調の原因は、毒素である「未消化物」でした。予防医学として注目されているアーユルヴェーダ。その知識に基づいた食事の観点から改善・予防法をご紹介。あなた本来の美しさをとり戻すために、毒素をためない食事を習慣づけ、美容と健康に不可欠な「毒出し」をしましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

レッツ毒出し!「デトックス」で知っておくべき7つのことって?
靴下に穴があくのは、意外な原因!?足から出る毒素が、溶かしているかも・・・
毒をもって毒を制す。「がんを破壊する」新ウイルスを東大が発表

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。