ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】Hi-STANDARD『ANOTHER STARTING LINE』、星野源・セカオワを抑えて1位獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 事前の告知なしで店舗に並べられ、大きな話題となったHi-STANDARDの16年振りシングル『ANOTHER STARTING LINE』が142,244枚のセールスを上げ、シングル・セールス・チャートで1位を獲得した。サプライズでリリースされた本作は、SNSなどで情報が瞬く間に拡散されてCDショップへ足を運ぶファンが続出。10月3日~10月5日までの集計では、79,409枚だったがその後も客足が絶えず14万枚を突破する数字を残し、Hi-STANDARDの求心力の高さを見せつけた。

 表題曲が自身の出演するドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌に使用されている星野源の9thシングル『恋』が2位。3位は、【先ヨミ】から順位を1つ上げてSEKAI NO OWARI『Hey Ho』が入った。

◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2016年10月3日~10月9日までの全国推定売上枚数)
1位:『ANOTHER STARTING LINE』Hi-STANDARD 142,244枚
2位:『恋』星野源 82,394枚
3位:『Hey Ho』SEKAI NO OWARI 61,841枚
4位:『UNIVERSE』ShuuKaRen 57,885枚
5位:『Over The Rainbow』MAG!C☆PRINCE 55,261枚

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】ハイスタ、事前告知ナシSGがトップ 同発売日5タイトルの結果はいかに!?
Hi-STANDARD、16年ぶり新シングルを突如リリース&12月にはカバーシングルとショートツアー開催も
星野源 ドラマ主題歌「恋」のミュージックビデオ完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP