ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』アルバム・セールス連覇、東方神起とEXILEがトップ3入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リリース初週で243,571枚を売り上げた宇多田ヒカル『Fantome』が、2週目に入っても好調をキープしており、100,362枚を売り上げてアルバム・セールス・チャートを2週続けて制した。10月3日~10月5日までの集計では、40,336枚であったので週末にかけてで約6万枚のセールスを積み上げた形だ。なお累計は34万枚を突破している。

 2位は東方神起のリミックスアルバム『Two of Us』。僅差の3位にEXILEのベスト・アルバム『EXTREME BEST』が入った。ロングセールスを記録しているRADWIMPS『君の名は。』は、今回の集計でも2万枚を売上げており、リリースから1か月が経過したがまだまだ存在感を発揮している。

◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2016年10月3日~10月9日までの全国推定売上枚数)
1位:『Fantome』宇多田ヒカル 100,362枚
2位:『Tow of Us』東方神起 26,118枚
3位:『EXTREME BEST』EXILE 24,158枚
4位:『君の名は。』RADWIMPS 20,138枚
5位:『infinite synthesis 3』fripSide 16,013枚
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】宇多田ヒカル、ALセールス2連覇なるか?!東方神起のリミックスALが2位
【深ヨミ】宇多田ヒカル『Fantome』ロングセールスなるか?初週の動向をリサーチ
【Chart insight of insight】やっぱり宇多田ヒカルは最強!アルバム首位へと導いた収録曲のチャートアクションは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP