ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超イケメン魔法使いの優しい眼差しに胸キュン! 「ハリポタ」新シリーズ『ファンタビ』では不思議すぎる魔法動物たちがNYで大暴れ?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界中に愛される「ハリー・ポッター」の新シリーズ、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』通称『ファンタビ』が11月23日(水・祝)より公開される。

本作の主人公はおっちょこちょいで人見知りの魔法使いニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)。動物といる方が気が楽な魔法動物学者だ。魔法動物(ビースト)は、魔法の力を持つ動物で、かわいらしいもの、コミカルなものから魔法使いを襲う危険なものまで様々で、魔法使いたちがかけた魔法で人間には極力見えないようになっている。魔法界にとっても謎の多い魔法動物たちは時に魔法使いたちからも恐れられ、駆除されそうにもなってきた。ニュートはそんな動物たちを保護したいと考えており、大事にしている不思議なトランクの中には魔法動物をいっぱいにしているのだ。

先日解禁された最新予告編で、SNSを湧かせたシーンのひとつが、ニュートが相棒の魔法動物、ボウトラックルのピケット君を人間のジェイコブに紹介するところだ。「ボウトラックルを愛情深くみつめるニュートが可愛い」「ニュートは本当に魔法動物が好きなんだなって思う笑顔」などピケット君を見つめるニュートの優しい眼差しに世界中が釘付けになったようだ。


ニュートはこの小さなビーストを、ピケット、タイタス、フィン、ジェレミーの少なくとも4体は保護していて、ピケット君が特にお気に入り!いつも胸ポケットにしまっている相棒なのだ。しかし、このピケット君、普段は優しくて内気な性格にもかかわらず、時にはニュートにラズベリーを投げつけることもあるほど生意気で、”小さなデビル”な一面も持つ。

本作のメガホンを取ったデヴィッド・イェーツ監督は、ボウトラックルをはじめとする魔法動物について「ビーストは、脅威で危険だと見なされているから、魔法の世界では禁止されているんだ」と解説する。まさに監督の言葉通り、劇中、ニュートのトランクから逃げ出した個性あふれる魔法動物は、ニューヨークの街に逃げ出し、街の通りや家の中まで、次から次へと現れ出ては大混乱を巻き起こす。その時ニュートの相棒ピケットは!?

スケールアップする世界観、進化する魔法、予測不能な大冒険と壮大なドラマ。波乱の展開を想像させる映像にますます期待が高まる。

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)全国ロードショー!

(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

■映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』公式サイト
fantasticbeasts.jp

関連記事リンク(外部サイト)

マキシマム ザ ホルモン亮くん、結婚式にも便所サンダルで出席してカッコよすぎる
世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
BRAHMANのTOSHI
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP