ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

流行語ノミネートの「君、きゃわゆいネェ」に違和感

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

その年のネット上での流行語を、投票によって決定する「ネット流行語大賞(未来検索ブラジル主催)」。「スカスカおせち」「ブヒる」などネットならでは言葉よりも、「ポポポポ~ン」「なでしこJAPAN」など“本家”である「ユーキャン新語・流行語大賞」と重複する傾向が見られました。

「ユーキャン新語・流行語大賞」も「ネット流行語大賞」も結果発表は同日の12月1日(木)。もし、「ポポポポ~ン」がW受賞してしまった場合、それはもはや“言葉”なのか、数年後に振り返った時に意味が分かるのか!?と、つい不安になってしまいます。

しかし、改めて「ユーキャン新語・流行語大賞」のラインナップを振り返ってみると、一つの気になる言葉が。それは、「君、きゃわゆいネェ」

「君、きゃわゆいネェ」とは、お笑いコンビ、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんの口癖。今年、チャラ男キャラとしてバラエティ番組にひっぱりだこ。あやまんJAPANさんと共同でCDもリリースしました。「君、きゃわゆいネェ」と同じく、藤森さんの口癖である「あげぽよ」も「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされており、今年のブレイクぶりが顕著です。

この「君、きゃわゆいネェ」という言葉自体は、今年よく耳にし、実際に使っている人も多かった為、納得のラインナップ。しかし、気になるのはその表記の仕方。「“君、きゃわゆいネェ”じゃなくて、“君、かわうぃーね!”じゃね?」。そう思った人は少なくないはず。

YouTubeで、藤森さんの“チャラ芸”を見てみても、やっぱり言っているのは「君、かわうぃーね!」。テロップにもしっかりと、その文字が映し出されています。

意味が一緒なので、どうでもよいことと言えばそれまでなのですが、どうも拭えないこの違和感。何と言うか、バッグを“バック”、アーティストを“アーチスト”と言う様な古臭さを感じてしまいます。はたまた、若者に好かれようと必死になって流行語を使う、おじさま達の姿が透けて見えるというか……。

「ユーキャン新語・流行語大賞」公式ページには、「授賞語は、言葉のニュアンス違いから、表記が違ってくる場合があります」と書かれているので、ぜひ「君、きゃわゆいネェ」が授賞して、表記が「君、かわうぃーね!」に変わる事を願いつつ、12月1日の発表を待とうと思います。

流行語は、鮮度とタイミングと使い方が重要。「あの人の言う流行語ってニュアンスちょっと違わない? しかも、もう誰も使ってなくない? 古くない?」何て陰で言われない様に気をつけたいですね。

「ユーキャン新語・流行語大賞」候補語

※画像は、YouTubeより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。