体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseが“究極のハチロク”を仕上げた社長のものづくりの信念に迫る

▲このお店のすごさはカローラレビン(AE86)だけじゃない! なんと社長がラジコン使いだった!?

▲このお店のすごさはカローラレビン(AE86)だけじゃない! なんと社長がラジコン使いだった!?

奇跡の1台に出会ったら、それにふさわしい仕上げをする

日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパーのMC、Boseが中古車情報誌『カーセンサー』にてお届けする人気連載「Bosensor」。カーセンサー本誌で収録しきれなかったDEEPでUNDERGROUNDな話をお届けっ!!

今回はWORKSにお邪魔した記事(関連リンク参照)の後編です。

Bose:前回に引き続き、WORKSの藤ヶ崎社長が出会った奇跡のハチロクの話を聞いていこうよ。

編集部ゆきだるま(以下ゆきだるま):30年も前の車なのにキズや汚れはおろか、くすんだ感じもないってすごいことですよね。Boseさんと一緒にいろいろなお店を回っていますが、こういう車、初めてみました。

Bose:普通じゃありえないよ。どんなものでも経年劣化するのは当たり前だし、まして車は外を走るわけだからキズが付く可能性もあるし、雨や日光に当たるから傷みやすいもの。

藤ヶ崎社長:Boseさんが“奇跡”とおっしゃいましたが、まさにその言葉がピッタリです。例えば前オーナーさんが喫煙者なら天井のクロスがサンバイザーがある部分とない部分で色が変わってしまいます。

Bose:今と違って車内でタバコを吸うのが当たり前の時代の車だもんね。

藤ヶ崎社長:前オーナーさんは屋根付きガレージを持っていて、ほとんど乗らずに新車からずっと保管してくださっていたのがよかったですね。

Bose:そのオーナーさんは車好きでもなんでもないですよね。

藤ヶ崎社長:違うでしょうね。

Bose:変な言い方だけど、車が少しでも好きな人なら30年の間に買い替えようと思うことが一度や二度はあったはず。しかも80年代のレースシーン、そして90年代からの空前のハチロクブームは社会現象だったから。それを知っていれば途中で「この車、高く売れるだろう」という色気が出てもおかしくないもんね。

ゆきだるま:私ですら車に詳しくなかった頃からハチロクのことは知っていましたから。

藤ヶ崎社長:30年間で走行距離は4.5万km。単純計算で年間1500km、月100kmちょっとしか走っていないことになります。それなのにディーラーでの定期点検を欠かさず行っていたのですからすごい個体です。

▲このマフラー、新車時から同じものが付いているんです。下まわりは錆やすい箇所。それなのにこれだけピカピカなのはまさに奇跡!

▲このマフラー、新車時から同じものが付いているんです。下まわりは錆やすい箇所。それなのにこれだけピカピカなのはまさに奇跡!

Bose:ディーラーも商売だから、絶対に点検のたびに「今なら人気ですし高く売れますよ」と乗り替えを勧めていたはず。きっと前オーナーは「別に調子が悪いわけじゃないし、俺はこれでいいいんだよ」と言いながらマイペースで乗り続けていたんだろうな。日本以外にまで広がったハチロクブームとは完全に隔離されたところで生きてきたからこそ、この状態で目の前にあるんだろうな。あっ、もちろんそれをよみがえらせた社長の努力と執念があってこそですね。

藤ヶ崎社長:いやいや、この個体があってこそです。もしこれが世に出回っている普通のハチロクと同じような状態だったら、私はチューニングしていましたから。実はこのようなハチロクに出会ったのは人生で2度目なんです。

Bose:そうなんだ! 前のハチロクはどうしたんですか?

藤ヶ崎社長:それも極力オリジナルの状態で仕上げました。完成後は非常に多くのお客様が見に来てくれたのですが、やっぱり「これをいじりたい」「ホイールを替えたい」という方ばかりで……。申し訳ないですがすべてお断りしました。

Bose:社長の面談だ(笑)。でもこういう状態のものを後世に残すのも大事だもんね。

藤ヶ崎社長:でも最終的に私の考えに賛同してくださる方と出会えまして。その方は「保管はこういう場所にする」と写真まで見せてくれました。「この車を大切にする。でも僕はこれで峠を走る」と。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。